« 松田直樹選手のために | トップページ | パパ・ホーボー »

2011/08/04

追悼

松田直樹選手が、本日午後一時過ぎ、入院中の病院で亡くなりました。
残念です。

松田直樹さん死去 家族に見守られ…

「週刊Spa」の書評欄に書いた原稿がハードディスクに残っていたので、掲載します。2009年6月に執筆したテキストで、内容は、松田選手の自伝を紹介したものです。

書名:闘争人 松田直樹物語
著者:二宮寿朗
出版社:三栄書房
価格:1524円+税
発売時期:2009年6月15日初版発行

 横浜Fマリノスのディフェンダー松田直樹の半生記だ。ライターの手になる伝記的テキストのほかに、本人による手記、高校時代の監督、球団のスタッフ、チームメート(井原正巳、安永聡太郎、佐藤由紀彦、三浦淳宏、栗原勇蔵)のインタビューを含んでいる。で、最後に本人のインタビューが付属している。いずれも非常に熱い。
 松田は今年32歳になる元日本代表選手だが、「元」という言い方を、本人は嫌うはずだ。おそらく猛然と反発する。「引退するまで《元》なんてことは無い」と。その通り。復帰の余地はある。
 とはいえ、彼には、トルシエの時代に代表の合宿を辞退した過去がある。ジーコのチームでは、サブの扱いに納得が行かず途中で帰ってしまった。そういう性格なのだ。本書を読むと、松田直樹が代表に選ばれ、外され、再び選ばれ、辞退し、再々選出され、定着し、離脱し、突如帰宅するに至る、その背景がよくわかる。松田の側からの事情が、ということだが。要するに、この選手はメンタルにムラがあった、と、そういうことだ。
 が、「メンタル」は、ムラが無ければそれで良いというものではない。闘いに臨む者は、強烈な怒りと、激しい情熱と、鋭い反発心を持っていなければならない。でないと向上することができない。というよりも、闘争心を持たない男は、そもそも戦場に立つことができないのだ。であるから、アスリートは、その精神のうちに強力な爆弾をかかえながら、なおかつそれを統御する術を身につけているべきなのであって、単に温度が低いだけの安定は、意味を持たないのだ。その点、松田直樹は、どこまでも熱い。その熱さをコントロールできるようになったのは30歳を過ぎてからだ。ということは、本当のピークは今後にある。
 ぜひそうであってほしい。

 ご冥福をお祈りします。

|

« 松田直樹選手のために | トップページ | パパ・ホーボー »

コメント

ご冥福をお祈りいたします・・・

投稿: こめん | 2011/08/12 17:55

熱い選手でしたね。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: スワップポイント | 2011/08/24 09:45

うんこレッズアホーターの56歳の化け物爺がwww

投稿: ヘディング脳 | 2011/08/26 10:13

こういうエントリにスパムコメントする奴は容赦なく削除してください>小田嶋さま

投稿: かくた | 2011/08/27 01:22

応援してます
がんばってください^^

投稿: 江夏 | 2011/08/30 08:28

お前2ちゃんでめっちゃ叩かれてるな。50超えた気持ち悪いおっさんがサッカー使って野球批判してたら、そりゃ叩かれるわ。今時サッカーなんか格好いいと思ってるやつはお前みたいな時代遅れな爺だけだって

投稿: ちんかす隆 | 2011/09/03 09:49

久しぶりにブログを見にきました。
まだまだ暑いですが体調に気をつけて頑張って下さい。

投稿: ほけんの窓口で保険相談 | 2011/09/14 11:57

小田豚さんってネトウヨは一人が十万回書き込んでるとか言ってた人だけど、今のこの民主党を見ても同じ事言えるのかな?
民主支持者の左翼が工作活動してたほうなのに、まんまと左翼に洗脳されちゃってたチンカス人だね

投稿:   | 2011/09/15 00:43

松田選手のご冥福を心からお祈りいたします。
本当に残念でなりません。ほんの少し世渡りが違っていたら代表でのキャップは計り知れないほどの選手だったけど、そのほんの少しの世渡りを拒否した姿こそ松田直樹選手の松田直樹たる所以だった。
 
 また、「ハーフナーマイクと日本代表と愛国心」には全くの同意です。これからも頑張ってください。

投稿: トポロ | 2011/10/14 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松田直樹選手のために | トップページ | パパ・ホーボー »