« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/03/24

落語会の手帖

 談笑師匠が律儀にもコメント欄に顔を出してくださったので、私も、感想を述べておくことにします。律儀者のコダクローム。

 午後7時より、西新宿にて落語観賞。
 先日、平川さんからチケットをいただき、「今回はぜひ」と、強力に薦められておりましたので。
 ええ、プレッシャーを感じました。
 これまで、3回ほどチケットをいただきながら、いずれも落語会の当日までに期日を失念していて、貴重な切符を結局無駄にしてましたから。なんという罰当たり。不義理。KY。

 で、午後五時半に、自転車で赤羽を出発。
 徐々に暗くなる山手通りをひたすら西に向かって走る。
 途中、突然の空腹。
 東中野近辺のコンビニにて牛乳とサンドウィッチを購入。
 で、駐車場の車輪止めに座っていま買ったばかりのサンドウィッチをかじる。暗がりで。黙って。たった一人で。BGMも無しに。
 異様な姿ですね。
 オレが駐車場の地主だったら通報してますね。

 開演15分前に西新宿のホールに到着。
 と、おお、入り口の前で、平川さんが談笑師匠と談笑している。
 軽く会釈をすると、師匠を紹介してくださる。
 年甲斐もなく緊張して「どうもどうもどうもどうも」と意味のわからない挨拶をして、そそくさと会場に逃げ込む。Why am I so shy? というフレーズがルー先生の歌にありました。

 演目は、立川談笑「天災」
 聞いたことのある噺だった。
 立川談志のMP3ファイルを持っているので。入手経路は内緒だが。
 基本的な話の流れは談志師匠がやっていたのと同じ。でもディテールは違う。
 八五郎の性格描写は同じ。
 でも、ディテールはやっぱり違う。その違いが興味深い。同じハナシでも、語り手の声質や演出の如何で、印象がまるで違って聞こえる。面白い。

 八五郎が道学者の話を崩して語る時の崩しっぷりも独特。ほとんど原型をとどめないぐちゃぐちゃな崩しようが見事。
 とても面白かった。

 この後、米粒写経という早稲田の落研出身だという漫才の人たちが、30分ほどネタをやる。
 これも面白かった。
 しゃべりのテンポが良くて、私は好きだ。
 関西の匂いがしないのも良い。
 でも、内容がハイブローなので、テレビには乗りにくいかもしれない。
 まあ、無理矢理に乗ることもないわけだが。

 再度談笑師匠が登場。
 途中で、
「あれ、これって、もしかして芝浜か?」
 と、気付く。
 3ヶ月(あるいは半年ぐらいたっているかもしれない)ほど前、NHKのBSで立川談志特集をやった時に、このハナシがクローズアップされていたのを覚えていたから。
 でも、設定はまるで違う。
 談志バージョンでは、江戸時代の大工だった男が、談笑版では、現代のトラック運転手になっている。
 無理筋といえば無理筋。
 でも、強引にハナシにしてしまう。見事。
 で、時代とキャラをいじった以上、当然、設定はなにからなにまで総取っ替えになる。
 酒浸り→シャブ中
 小判→ジュラルミンケース入りの現金
 で、主人公は暴走族の特攻隊長あがりということになっていて、女房も元をたどればレディースの総長。
 ちからづくのちからわざ。見事。
 さらに、これは談志バージョンにはなかったサブストーリーだと思うのだが、女房が援交で稼いだカネでシャブを買うみたいな展開もあったりする。
 シャブを打つ場面の描写(血管を叩いて浮き出させるあたりの演技があまりにもリアル)や、途中のアドリブなど、到底テレビにはかけられないだろう。
 その他、宗教や企業や民族ネタのアドリブもほぼ全面的にカットでありましょう。
 とにかく面白かった。
 落語は基本的には大好き(なにしろ生まれて初めて買ったレコードが「笑点音頭」で、憧れのスターが王でも長嶋でもなく、立川談志である、そういう小学生だったわけですから)なのだが、寄席に行こうというふうに思ったことはこれまで一度もなかった。
 どうしてなのだろう。

 大学を出てからこっちの30年間、私は、映画館にも寄席にもほとんどまったく足を運ばなかった。演劇もほぼ知らない。
 これは、考えようによっては、お手柄だ。
 どうせ、この先、本はあんまり読めなくなるからだ。老眼も進むし、根気も無くなってくるわけだからして。
 とすれば、未見の名画と、未知の落語をヤマほど持っていることは、こりゃひと財産ですぜ。パチパチパチ。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009/03/11

刮目して食べる人々

 天気が回復してきたので、連日自転車に乗っている。
 一昨日は、池袋界隈を徘徊。昨日は西新井→竹の塚→伊興→栗原周辺を巡行。今日は今日で赤羽一帯を行ったり来たりした。
 やはり自由が丘あたりとは何かが違う。

 で、走りながらつらつらと考えた。
 ので、山の手奥さん美貌説について、仮説をひとつ追加しておく。

  • 仮説7:オダジマは、既に若い娘に関する審美眼を喪失している。

 それゆえ、オダジマは、年増の美は感知できても、若い女性の美については判断を放棄している。で、「山の手の年増は美貌だぞ」などと、見当違いなこと(実際には若い世代も含めて山の手の圧勝なのかもしれない)を言出したのだ、と。

 ありそうな話だ。
 実際、10代の少女たちについて、どういうコがイケていて、どういうコがイケていないのか、私は、ほとんどまったく判断する材料を持っていない。感覚はもちろんのこと。なにしろ娘と同年代なわけだし。美貌もへったくれもないよ。子供なんだから。オレらにとっては。

 ただ、若いコたちについては、最近不思議に思っていることがひとつある。
 少女たちのうちの一部で、美意識の暴走が起こっているように見えるのだ。
 具体的に申し上げると、より低学歴でやんちゃ志向な少女たちの化粧法が、私のような者の目には、あんまり素っ頓狂に見えるということだ。
 たとえば、「小悪魔ageha」のグラビアに出てくるギャルさんたちのお化粧は、世間では「キャバクラ志向」という風に分類されているらしいのだが、あれは、ほとんど歌舞伎化だと思う。化粧というよりも、隈取りに近い。彼女たちのファッションは、女性美の追究という本旨を離れて、別種の生体標本を目指す方向に向かっているのではなかろうか。まあ、それはそれでミモノではあるのだが。

 彼女たちの中では、目は大きければ大きいほど良いということになっている。
 そのこと自体は別段不思議ではない。。
 一般的に言って、戦後からこっち、日本人の美意識は、一貫して目の大きさを評価する方向で展開してきた。外人さんみたいな目でありたい、という感じで。
 とはいえ、それはそれとして、バランスというものがある。
 大きい目が魅力的であるのが事実であるのだとしても、大きすぎるのは、一般人にとっては、やはり不気味に見えるはずなのだ。
 が、一部の少女漫画の中に、下まぶたの線が鼻より下に来ているとんでもない作画のブツが現れてきていることでもわかる通り、一部の少女たちは、バランスなんぞという半可くさい項目は無視する。なーにがバランスだよ、と。目玉は、とにかくデカければデカいほど良い。それは、足が長ければ長いほど良く、ウェストが細ければ細いほど良いのと同じで、一種の直線的な数値スペックなのである。
 
 であるから、ハマサキなどは、放っておいても十分に大きい目を、より大きく見えるようにメイクアップして、のみならず、写真に写る場合には修正までほどこしている。だから、生放送の歌番組に出たりすると、ナマのハマサキは、なんだか膨れ萎びた(つまり、シルエットとして膨らんでおり、肌質として萎びている)別人みたいに見える。全然あゆっぽくない。
 
 ハロプロの面々が提示しているソリューションはさらに極端だ。たとえばGマキとかTジちゃんだとかは、目頭を切開(してるよね?)してまで、眼球露出面積を拡大せんとしている。
 で、写真に写る時には、斜め下から目を見開きつつカメラを見上げるアングルでひたすら目玉の大きさを強調する。
 化粧も然り。目頭と目尻の部分を白く塗り、アイラインをはみ出し気味に塗って目を大きく偽装する。あれは、どういう神経なのであろうか。
 思うに、これ(「目の縁が白い」こと)って、猫科の生き物の赤ん坊に特有な姿なのだが、もしかして、彼女たちの理想は「ライオンの赤ちゃんみたいに無防備に見えること」なんだろうか? だとしたら、なんだかちょっとかわいそうだぞ。

 美意識は、暴走しがちなものだ。
 世代全体や世間一般というふうに主語を大きくすると、美のあり場所は、実は平均値に落ち着く。つまり、世間には色々な好みがあり、相応のバラつきがあるわけで、それらを平均してみると、案外に美というのは寛大な線に収まるものなのだ。
 しかしながら、それが、個々人の美意識ということになると、ストライクゾーンは一気に狭まる。若い人たちの場合、「向上心」みたいなバイアスがかかって、さらに狭くなる。で、「目は大きければ大きいほど良い」だったり、「オンナのコはやせていればやせているだけ美しい」みたいな、極端な到達目標が設定されることになる。
 で、プリクラには、目の大きさを10%増しで大きくする設定のマシンがあったりして、それがプロフ用のネタとして人気になっていたりするわけだ。
 いつだったか、どこかで犯罪被害者になった女の子の写真がまさにそれだった。
 どこからどう見ても高校時代の生徒写真と同一人物であるとは思えない、目の玉の大きさが3割り増しぐらいになっているなんとも無残な写真。いたましい話ではないか。

 食事中に、目を見開く女の子たちがいる。
 たとえば、スープのスプーンを口に運ぶ瞬間、右斜め上15度ほどのところを「ぐっ」と見上げる仕草をするのだ。それもアゴを引きながら。
 これは、女の子の目が一番大きく見えるアングルで、だから、雑誌モデルのキメ顔になっていたりする。CM撮影のお食事場面でも、定番みたいに多用されている。
 もちろん、普通の世間で生きている女の子たちは、いちいち食べる時に斜め上を見上げたりしない。当然だ。だって見上げる理由なんかあるはずないから。
 が、青山あたりで食事をしていると(最近、青山近辺に出かける機会が何回かあったものでね)、現実に、パスタを口に運びながら斜め上を見上げる女の子に出くわしたりするのだね。おどろくべきことに。
 いたましい話だよ。
 胃に魂が宿るみたいな減量苦もさることながら。
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009/03/08

自由が丘逍遙

 ごぶさたでした。

 木曜日に、コラム道を更新しました。3ヶ月ぶり。ははは。
 というわけで、ブログの方も更新することにします。延ばしている〆切がなくなってので。
 
 木曜日。原稿をアップした後、自由が丘のミシマ社を訪問。
 当然、自転車で行った。遠いけど。久々に好天だったから。
 距離にして24キロ。帰りはちょっと遠回りをしたので、往復で50キロ。よく走った。

 経路は、赤羽→西が丘→(旧中山道)板橋区役所前→大山→(中丸通り)千川→要町→長崎五丁目→(中野通り)哲学道→中野→笹塚→東北沢→代沢→(茶沢通り)→三軒茶屋→(国道246)→駒沢大学→(自由通り)→八雲→(目黒通り)→八雲三丁目→自由が丘2丁目。
 という感じ。
 以下、感想など。

 駒沢から自由が丘あたりを走っていて印象深かったのは、あのあたりのヤングミセスが、見た目にきれいだということ。
 犬を連れていたりベビーカーを押していたり、通り沿いのオープンカフェでお茶をしている主婦のみなさんが、なんというのか、私の家の近所のおばさんたちと比べて、おしゃれなわけですね。

 女子高生やOLさんのような十代から二十代にかけての女の子たちは、どこの町にいるコたちでも、全体的な質はそんなに違わない。きれいだったりきれいじゃないかったり。適当にバラけている。
 それが、なぜなのか、30代から40代のおばさんたちを比べてみると、世田谷目黒周辺の高級住宅街を歩くミセスたちは、明らかに小綺麗だったりする。
 なぜだろう。

  • 仮説1:若い女性の美貌が持って生まれた天性であるのに対して、おばさんの美貌はより人工的な、作り込んだ「作品」としての美に近い。それゆえ、主婦の小綺麗さは資本投下量を正確に反映することになる。だから高級住宅街のミセスは美しい。だろ?
  • 仮説2:若い女性の場合、おしゃれに無頓着であっても、お化粧がヘタでも、天然の美質がすべてをカバーしてくれる。だから、スッピンの彼女にも、それなりの清楚な美が宿る。が、年齢の行った女性は、努力をしないと美貌を保持できない。地面の値段の高い地域に住んでいる主婦は、きっと努力家なのだろうな。
  • 仮説3:女性の美貌は資産に直結する。結婚前の女の子たちは、きれいなコもそうでないコも、色々な町に、まんべんなく遍在している。どこかに偏るようなことはない。が、そんな彼女たちが、結婚というフィルターを通過した後に住むに至った場所を追跡してみると、あらまあびっくり、彼女たちの住所はある基準に沿ってソートされている。つまり、きれいなコは資産価値の高い土地に嫁ぎ、そうでない女性はそうでない土地に新居を構える、と。これ以上は言わない。どうせ証拠のある話じゃないんだし。
  • 仮説4:高級住宅街に住む女性は、周囲の住環境に配慮して、自らをブラッシュアップせねばならない。条例でそう決まっている。近所のコンビニに練り芥子のチューブを買いに行くような場合でも、スッピンは禁物。ジャージなんて論外。場末の住人はその限りではない。自由な格好で歩いてもらって結構。好きにしてくれ。
  • 仮説5:若い女性は多様だ。彼女たちは、思い思いに清楚で、コケティッシュで、あるいはビビッドであったり、エレガントであったりする。同じ一人の女性でも、ある時はフェミニンなファッションを身に纏い、別の時はボーイッシュにふるまう。彼女たちは、時にセクシーで、時にコンサバティブで、ワイルドでもあれば素朴でもあり、ある場合にはアーバンでキッチュでアーティスティックですらある。で、それらの多様なありようのいちいちは、それぞれに別の、個性的で替えのきかない美を孕んでいる。一方、おばさんには二種類しかいない。着飾ったおばさんと着飾っていないおばさん。それだけ。

 わかっている。
 どの仮説も、女性たちの不興を買うことになるのだ。
 でなくても、上に紹介した見方は、女性差別、資産差別、地域差別、容姿差別といった、様々な穏やかならぬ偏見を含んでいる。
 これはよろしくない。
 差別を含まない美意識があるのかどうか、私は知らない。が、いずれにしても、不特定多数の人間が読むことになる場所に、あけすけな差別意識を開陳して良いはずはない。自明のことだ。
 よろしい。撤回する。

 こういう場合は、差別と呼ばれないために、別の差別を並べておくべきだ。
 つまり、女性差別批判をかわすために、男性差別を提示するわけだ。
 いずれにしても、ひとつの差別を緩和するためには、別の差別を導入せねばならない。
 そういうことになっている。

  • 仮説6:若い男には色々なヤツがいる。そして人数分の美がある。乱暴なのや知的なのや、二枚目や剽軽者がいる。細身の男前もいるしマッチョなハンサムもいる。で、それぞれに個性的な若い男たちの立ち位置には、それぞれに匂い立つような存在感がある。一方、オヤジには二通りしかいない。カネを持っているオヤジと、カネを持っていないオヤジ。以上。

 もちろん、何の解決にもなっていない。
 男性差別が女性差別を緩和するなんていうのは、ウソだ。
 男性蔑視を見て喜ぶのは、差別利権でメシを食っている人たちだけだと思う。誰とは言わない。思い浮かぶ顔が無いのではない。面倒くさいから口をつぐんでいるだけだ。さよう。ジャーナリストとしてあるまじき態度だ、が、私はジャーナリストではない。失礼な呼び方はやめてほしい。

 最後にすべての仮説を撤回して、結論を述べる。

  • 結論:若い女性は、インターナショナルな存在として生きている。でなくても、全国的だ。彼女たちは、国際的ないしは全国的な流行のうちにあり、全世界に通底する同時代の潮流にリンクしている。
     だから、下町の女の子も、山の手の女の子も、ひとつの同じ空気を吸って生きている。田舎のコも海辺や山間部の女の子たちであってさえ、「世界」に向けてアンテナを立てていて、「同時代」に同調しようとしている。それゆえ、彼女たちは、住んでいる地域の影響をさほど受けない。
     一方、おばさんはローカルな存在だ。半径2キロより外のことには関心を持たない。それゆえ世田谷の主婦は余儀なく世田谷っぽくふるまい、板橋の主婦はどうあっても板橋らしくなって行く。だから、大阪のおばちゃんの東京のおばちゃんは、まったく別の生き物みたいに見える。

 妥当性については自信がない。
 言ってみただけだ。
 反論しないように。
 ではまた。近いうちに。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »