« すごい雨のあとで | トップページ | 歌詞カード »

2008/07/20

野茂

 野茂投手が引退を表明した。
 で、昨日来、テレビのスポーツコーナーは、このニュースを思い切りセンチメンタルなBGM付きで伝えている。
 
 違和感を感じるな。

  
 挑戦者の栄光と悲哀?
 マッチとポンプじゃないのか? キミらの。

 どうして野茂が日本の球界に復帰しなかったのか、不思議に思っているファンがいるかもしれない。若い人たちは特に。
 確かに、ここ数年の状況だけを見れば、日本プロ野球復帰は考え得る選択肢だった。実際、日本の球団からいくつかオファーはあったようだし、その中には、億という年俸を保障する話もあったと聞く。

 でも、当時のいきさつをおぼえている人間なら容易に理解できることだが、野茂の側には、帰って来たいと思える理由はなかった。たとえ何億積まれたのだとしても。
 なぜなら 彼は、石もて追われる形で日本球界を去った選手で、その時のことを忘れているはずがないからだ。
 恨んでいるとか、そういうことではない。
 野茂はスジを通すタイプの人間だということだ。
 スジを通すオトコは、自分を「裏切り者」と呼んだ人間のオファーにはこたえない。
 また、信義を重んじる人間は、結果次第で手のひらを返す組織の言葉を信用しない。
 だから、野茂英雄は、彼を飼い殺しにしようとして失敗したかつての飼い主と、同じテーブルを囲むことはしなかった。極めて当然の成り行きである。

 野茂がアメリカに渡る意向を漏らした当初、スポーツ新聞は、異口同音にその決断を非難した。
 無責任、恩知らず、掟破り、世間知らず、思い上がり、身勝手……と、記事のトーンはあくまでも冷ややかだった。
 その冷たい論調の背景には、当時、圧倒的な力を持っていた日本プロ野球機構が、野茂を一種の「足抜け女郎」扱いにしていたという事情がある。
 記者たちの中には、内心、野茂を応援する気持ちを持っていた者もいたと思う。でも、当時のスポーツ新聞は、今以上に球界の御用機関だった。とすれば、野茂擁護の記事は書けなかった。機構や球団に弓を引く形のテキストは、ワープロが曲がっても打てない。だって、しょせんはドメスティックな業界紙なわけだから。なさけない話だが。

 無論、読者の中にも、流出に反対する声はあった。野球協約を絶対視するタイプのファンもヤマほど残っていた。が、野茂の挑戦をワクワクしながら見守っていたファンもまた、少なからず存在していたのだ。少なくとも、私は断然メジャー行きを支持していた。だって、面白そうだったから。ファンというのはそういうものだ。安全策を選ぶ選手よりは、リスクを取りに行くアスリートを応援する。勝負しないピッチャーなんて見たくないから。

 テレビは、黙殺していた。遠巻きに見物。っていうか、奥歯に張本勲がはさまっている感じの対応。あるいは、ネクタイを首輪と心得ている勤め人の身のこなしといったところか。飼い犬の遠吠え。ワンワン。天晴れっぽいけど喝喝喝!ぐらい。
 それが、ドジャースに入団が決定したあたりから徐々に風向きが変わって、キャンプ時点から、露骨な横並びカルガモ報道体制が敷かれるようになった。
 で、初勝利以降は、手のひらを返してヒーロー扱い、だ。

 いずれにしても、野茂が勝ち馬であることがはっきりするまでは、日本のマスメディアは、彼のサイドには立とうとしなかった。このことははっきりと明記しておかねばならない。

 この件については、野茂自身が、著書(「僕のトルネード戦記」:集英社:1995年)の中でこう書いている。

それに、今頃になって、「取材させてほしい」とか「取材に応じる義務がある」とか言いますが、僕からしてみれば、あまりにも都合がよすぎます。
 人間、足を踏んだほうはそのことを忘れていても、踏まれたほうはその痛みを、決して忘れないものなんですよ。
 わずか数ヶ月前、ほとんどのマスコミは僕をどう扱いましたか?
 僕が大リーグ行きを表明した時、それこそ「永久追放」だとか「協約破り」だとかいってバッシングをしてたでしょう。それなのに、今になって急に手のひらを返して「いや、野茂の活躍は日本人に勇気を与えた」なんて平気で言う。
 言論でメシを食っている人は、自分の言論に対して責任を持ってもらいたいです。僕のとった行為が違法なら、無視し続ければいいじゃないですか。「いや、会社の方針が変わったので、またヨロシク」と言われても、僕には関係のないことです。
 新聞は売れればいいんですか? テレビは視聴率を取れればいいんですか? そのためには平気で主張を曲げるのですか? 僕には考えられないことが多すぎます。》(第五章「ベースボールと野球の違い」p155~156より引用)

 いや辛辣。
 これ以上、私のような立場の者が付け加えるべき言葉はひとつもない。 

 どこかのテレビ局のインタビューに答えて清原が言っていた感想がちょっと面白かった。
「(野茂は)フォークを投げればこっちが三振するとわかっている時でも、真っ直ぐで勝負してくるピッチャーだった」
「アメリカに行ってからも、強打者に向かって、真っ向勝負をしている姿をテレビで見て、『ああ、やっとるな』と思った」
「自分のタマで勝負できる、たぶん、最後のピッチャーだったと思う」

 もしかして、キヨハラは、全球ストレート勝負をするのがピッチャーたる者の本来の姿で、変化球を投げるのは「逃げ」なのだ、と、本気でそう考えているのだろうか?
 いや、オールスターゲームみたいな花相撲の場では、そういう興業っぽい力比べ対決があっても良いと思うよ。
 楽しいしね。

 でも、投手と打者の「勝負」は、持ち球すべて(もちろんボール球も)を含んだ上でのものだ。
 清原は、釣りダマや、ハズしてくるボールや、緩急や、内外角の投げ分けみたいな「配球」と呼ばれるストラテジーを「卑怯」「逃げ」ぐらいに思って、打席に立っているフシがある。
 だから、いつだったか500号本塁打のかかった打席で、タイガースの藤川に変化球を投げられて三振した時、清原は、「チ○コついとんのか」と、藤川投手を罵倒したりした。

 彼のアタマの中では、観客が盛り上がっている「勝負」の瞬間、投手は直球勝負をするべきなのであって、それが「オトコ」だ、と、どうやらそういうことになっている。
 まあ、そういうふうに、相手投手を「男と男の直球勝負」みたいなプロットに引きずり込むというのが、打者・清原の「駆け引き」だったという可能性はある。
 でも、誰も引っかからないと思うな。いまどき。
 血気にはやって振り回してくるバッターを、落ちるタマで料理するのも、立派な「勝負」なわけだし。

 でもまあ、伊良部だとか野茂だとかは、打者清原との「名勝負」を、あえて引き受けていたようにも思える。
 なぜなんだろう。やっぱり男・キヨハラのアジテーションにひっかかっていたんだろうか。直球オンリーの勝負なんて、投手の側が損なだけなのに。

  •  オレら昭和の男たちは、「オトコ」というプロットに弱い。
  • 伝統があるしなあ、マッチョ思想は。一朝一夕の出来物じゃないからね、これは。
  • なにしろ、マッチョ思想と闘うために何より必要なのが「侠気」だったりするわけだから。根が深いよね、この道ばかりは。
  • プロ野球衰退の理由のうち、もしかして一番大きいのは、「オトコ」という物語の衰退であるのかもしれない。
  • 清原の扱い方が、ある種戯画化されつつある(←つまり、オトコ・清原が、マジな物語としてではなく、「ネタ」として処理されている)こと自体、既に、野球が「オトコ」の世界のスポーツでなくなってきていることのあらわれなのであろう。うむ。

 とにかく、清原のような野球観の持ち主に監督(←既に、来年のオリックス監督に内定しているという噂がある)がつとまるようには思えない。
 客が呼べれば良いとか?
 呼べるとも思えないんだけどなあ。いまどき。
 あるいは、オレらのような素人の推理を寄せ付けない、深遠な深謀遠慮が介在しているとか、そういうことなのであろうか。
 大打者をK1に行かせないための球界をあげての防衛策だとか?
 食い扶持を与えておかないと、何やらかすか分からないから。引退したからって、放し飼いは危険。サーカスのクマと同じ。
 ってことは、監督稼業は座敷牢なのか?
 話がバラけてきた。
 寝よう。

|

« すごい雨のあとで | トップページ | 歌詞カード »

コメント

私はスポーツに興味がないので、野茂がドジャーズに行った経緯を初めて知りました。野茂の言葉はまっとうなものですね。すべてのあらゆる業界の新聞記者にパンフレットか何かにして郵送すればよい。特に3大紙は社長から子会社のアルバイトまでがすべて読むがいい。

投稿: 勝一 | 2008/07/20 10:27

愚考するに、我々日本人はすでに野球という「オトコの物語」を
プロレス的に消費する態度を身につけていると思います。
清原はそのシンボルです。どうして簡単に手放してよいものでしょうか。

投稿: 3pj4 | 2008/07/20 10:45

自分は野茂さんと同世代ということもあって、米国行きの際の冷たい仕打ち、記憶にあります。「絶対に活躍できっこない」って言われてましたよね・・・それがあの活躍!で、マスコミの過去の帳消しぶりにはホント「すごいわねえ」でしたよ。ノーヒットノーランのときは号外出てましたが、あれも手のひら返しのヨイショの一環ってことで・・・。

私は野茂さんのブスッとした表情とムチムチした立派なお尻・太もも、そして野球を続けるためにいろいろなチームに移って「次の仕事場」をゲットしていく姿勢が好きでした。彼が引退ということで自分と同年代のプロスポーツ選手もさすがにいなくなってきました。そういう年齢になったということですね。

野茂さんには「お疲れ様でした」と言いたいです。

投稿: キリハラ | 2008/07/20 11:02

藤川も清原の挑発にまんまと引っかかったのか、それともあえて「名勝負」を演出したのか、その次の対決では直球勝負していましたね。
それで力でねじ伏せられた清原は、若い奴に花を持たせたつもりなんでしょうが(笑)。

投稿: Noisy | 2008/07/20 11:30

鎖国しようとしている連中がキモイ
特に団塊とバブル世代

投稿: え | 2008/07/20 19:03

近鉄は野茂の保有権を持っていると主張し、日本球界へ戻るなら、近鉄の許可が必要(≒近鉄以外には戻らせない)な状態であった。

で、オリックスは近鉄の保有権を承継したと称し、野茂が戻るならオリックスでと主張した。

結論:日本球界からのオファーと呼べるようなオファーは、存在しなかった。(近鉄&オリックスへ戻る選択肢が存在していない以上)

投稿: 付け加えておくと | 2008/07/20 23:18

野茂の場合もそうだけど、マスコミの態度というのは何に対しても「マッチ・ポンプ」なのでしょう。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/07/21 09:56

私は野茂あんまり好きじゃありません。
(イチローも中田も。愛想悪いから。)

野茂も、「メジャーでは力と力の勝負が出来る」とか言ってましたが、「おまえフォーク投げとるやんけ」と思ったものです。力と力の勝負してるのはバッターだけじゃん、と。

野茂がMLBに移ったいきさつについては、巧妙な作戦だったという説もあり、もしこれが本当ならば野茂がマスコミ批判をするのは当たらないと思います。

http://masaka2.jugem.jp/?eid=599
(団野村と)野茂英雄の近鉄退団劇について

投稿: まる | 2008/07/21 11:40

筑紫哲也だけは野茂を支持していた、
と言っている人がいます。ご参考(何の?)まで。

「野茂英雄と筑紫哲也」
http://katos.blog40.fc2.com/blog-date-20050617.html

投稿: naka | 2008/07/21 19:46

>奥歯に張本勲がはさまっている

座布団1枚。

投稿: 佐藤秀 | 2008/07/22 11:28

>筑紫哲也だけは野茂を支持していた

野茂がメジャー行きを決意表明したその晩に番組に呼んで激励インタビューしてたよ。

投稿: 佐藤秀 | 2008/07/22 11:33

プロスポーツ選手は無愛想じゃいけないのかね?
自分の性格を曲げてまで愛嬌を振り撒かなければいけないのかね。自然のままに振舞ってもらうのが一番
当時野茂がMLBに行くと言ったらどのマスコミも右に倣ったようにバッシング、まあ日本社会の体質なんだろうね一人逆向くと反逆児扱いだもの(今の時代も同じで何も変わってない)
グローバルスタンダードが叫ばれてる昨今日本プロ野球機構もさっさと世界基準に合わせろよ(世界基準てやっぱりMLBだろ?)

投稿: 坂井昌司 | 2008/07/23 05:28

>野茂も、「メジャーでは力と力の勝負が出来る」とか言ってましたが、「おまえフォーク投げとるやんけ」と思ったものです。

どんだけアホなんですか。変化球は投手の「力」でしょう。
直球だけ投げとけば昔のMLBみたいにバンバン打たれますよ。
力=筋力ってまるっきり清原脳ですね。

投稿: JX | 2008/07/26 16:25

>JX

アホはお前だ。
メジャーは直球(ストレート)主体の勝負である訳で、ストレートとフォークを使い分ける野茂が活躍できたのはある意味で当然。

投稿: mofy | 2008/07/27 01:08

直球=力、勝負 変化球=技、逃げ とかどんだけマッチョ思考なんでしょうかね。
ストレートだけ投げてりゃ面白いんでしょうか?
投手対打者は、駆け引きがあるから面白いのであって、ただ140kmの球を打ち返せばいいだけならピッチングマシンで十分ですわ。

投稿: なんなんだ一体 | 2008/07/28 11:39

奥歯にのもが挟まったならざヴとん一枚じゃないのかね。

違うね。寝る。

表情アイコンから駄目出しをまたくらうの巻。こいつ、長谷川町子先生の姪御(妹 さんくらい厳しいぜ。

投稿: どきどき遣い | 2008/07/29 20:13

ドジャースは一度野茂を解雇して、野茂の成績が上向いたと見るや再度契約、そしてまた解雇したけど。
なぜ野茂は自分を馘首した球団の再契約に応じたんでしょうね。

投稿: へんなの。 | 2008/08/05 22:48

おいお前ら!ものすごい情報が手に入ったぞ!どうやらここのコメントによると
フォークさえ投げられたら誰でもメジャーリーガーになれるそうだ!
直球とフォークを投げ分ける選手が抑えられて当然だっていってるからな
俺今からフォーク投げる練習してメジャーリーガーなってくるわ
ひょっとしたらその前に永川がメジャーいってるかもしれないけど

投稿: kim | 2008/08/10 22:45

↑頭大丈夫?

投稿: | 2008/08/11 01:15

清原はそんなことを言っていましたか。直球しか打ちたくないならバッティングセンターへ行けばいいのに。
バッティングセンター通算500号本塁打。誰が注目するか。

小田嶋センセのUPを期待してきたので、本論に関係ないけど足跡を残していきます。

投稿: hidm | 2008/08/28 11:23

そいでも、カーブでガッツを空振り三振に切ったダルビッシュはカッコよかったですよ。あいつ骨折してたんだって。顔はイラン人だけど心は浪花節なんでしょなあ。

投稿: gkrsnama | 2009/11/13 01:15

昭和50年の広島いや西鉄からか。野茂、元木、近鉄、延々と続く。俺にも一億くれてもバチはあたらないよ。

投稿: 内田 守 | 2011/05/15 21:07

ブランドバッグ、ブランド財布コピー通販専門店!激安スーパーコピー販売はここにある!ブランドショップ のS級N品新作コピー激安通販専門店ブランドバッグhttp://www.brand-well.com/

投稿: ブランドバッグ | 2011/10/11 11:02

ティンバーランド ブーツ!激安価格で人気ブランド ティンバーランド通販& ティンバーランド 激安、 ティンバーランド 6インチ、 ティンバーランド ロールトップ、 クラシックブーツ、 ティンバーランドロールトップブーツ、 子供靴など数多くの新作アイテムを展開。1918年より創業、長い歴史を持つ ティンバーランド。 Timberlandブーツに対する企業理念は、世界的に知られるようになった現在でも高く掲げられています。 ティンバーランド 靴そうした目的を実現させるための商品作りに ティンバーランド ブーツ全員が取り組んでおり、2008年には、 timberlandエシスフィア誌「世界で最も倫理観の高い企業」ランキングにランクインしています。 ティンバー ブーツアメリカのボストンで1952年に設立されたカジュアル用品のメーカーです。会社設立までの Timberland ロールトップの歴史もとても古く、 Timberland ロールトップの創始者であるネイサンシュワーツ氏が、ボストンの靴店で Timberland ブーツ 通販を作りはじめたところからとなります。
Danner MOUNTAIN LIGHT通販 (ダナー マウンテンライトメンズ マウンテンブーツ チョコレート通販) , REDWING PLAIN TOE BOOT通販 (レッドウイング プレーントゥ ブーツ メンズ ブラック通販)

暖かく、粋で UGG & JIMMY CHOO 、 UGGの古典的な高い、 UGG 5116 Mayfaireレディースブーツ世界中非常に普及するようになった。 この種類の履物は耐久であるように設計され、一年中身に着けていることができる。 ugg クラシック カーディー、 UGG Adirondack5469 レディースブーツ II 、 UGG Liberty5509 レディースブーツ 流行であることから離れて、これらのブーツは冷たい日の凍結であなたのフィートを暖かい保つ作られ、暑い時に冷却する羊皮からので身に着けるために快適である。
UGGの古典的な高いに羊皮、 UGG クラシックアーガイル 5879 ニットブーツ、 UGG クラシッククロシェ 5833のフリンジの魅力を示すために少しの下で折ることができる 高い甲革がある、 UGG クラシックショート 5825 ムートンブーツ。 短いスカートとのあなたの組か組の細いジーンズまたはレギングを身に着けることができこれはあなたの足の一見を細くさせ、あなたの優雅な図を示す。 ちょうど組の UGGの古典的で高い、 UGG クラシックミニ 5854、 UGG コケット サンダル 5125ブーツを選び、タンクトップにと同様、粋なジーンズマッチさせなさい、そして場所を揺する。 多くの人気のある色で利用できるチョコレート、黒、クリ、灰色、 UGG タッセル ショート5835、焼かれた粘土を好めば濃紺は、これらのブーツあらゆるワードローブ様式のための主要品目である。そのようなすばらしいブーツを、各自得た後はそれらを一見長い間身に着けられていることの後でさえも大きい保ちたいと思う。 これらのUGGのブーツは流行および暖かいが、 Ugg ベイリーボタントリプレット1873 レディース、 防水しない。 従って雨か雪が多い日のあなたの組を身に着けていないことが提案される。 ugg クラシック ミニ それらを多くの季節の間新しい保ちたいと思ったらそれらのスエードの保護装置に吹きかけることを確かめ、それらがそれらを身に着けている前に自然に乾燥するようにしなさい。 これはまたあなたの組の耐用年数を延ばすのを助けることができる。 UGG ムートンバック、 UGG ロキシー トール ブーツ5818、 UGG手袋。

投稿: snh565 | 2011/10/25 15:59

Prada Outlet
[url=http://www.pradabagwalletonlineshopoutlet.com]Prada Outlet[/url].

投稿: 11111 | 2012/05/30 11:18

If you will like this to shared on other forums as well, I will really like to help. I will post it with your name to make your work really help full for you as well! Keep up the good work, post more topics like this and I know the forum will really be proud of their best resources.

投稿: zhaogl | 2012/06/18 18:38

I have been posting here for long, I did find this post really worth of publishing to another forums and share with other friends, well I do it on your permission, coz I think this will help several other webmasters as well.

投稿: Stefan | 2012/06/18 18:40

Hello!Each time to see your site is always so special, brought us a lot of knowledge, thank you, we like to support ............

投稿: Marrfeng | 2012/06/18 18:42

Looks very good, great feeling, it seems that we want to say

投稿: hanjon | 2012/06/18 18:45

I read a lot of your articles and this is my first time commenting. I just wanted to thank you for your writing.

投稿: bestyuan | 2012/06/18 18:47

hi Your site always offer some really interesting information. Brought us a lot of knowledge,Thank you for sharing it with us. We support you

投稿: wangqiao | 2012/06/18 18:49

Your blog is very beautiful, the style is very cool! See the things that I think is very interested in oh, thank you for sharing! I wish you good luck!

投稿: Son | 2012/06/18 18:50

I'm very thankful to the author for posting such an amazing development post. Continuing to the post, this is a fantastic survey, very nice write up,Thanks you for sharing.

投稿: Malon | 2012/06/18 18:51

Hello, this is my first time i visit here. I found so many interesting in your blog especially on how to determine the topic. keep up the good work.

投稿: lond | 2012/06/18 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/41909656

この記事へのトラックバック一覧です: 野茂:

« すごい雨のあとで | トップページ | 歌詞カード »