« スピード考 | トップページ | 全快祈願 »

2007/11/15

浦和VSセパハン

 昨日、ACL決勝戦に言ってきました。以下、報告をば。

  • O野氏の尽力により発売当日にチケットを入手。感謝感謝。
  • 天気が良いので自転車で出発。
  • 暗くなるまえに到着するべく、午後4時前に家を出る。
  • 秋の日はつるべ落とし。途中、芝川サイクリングロードから見沼代用水東縁を走行中にあたりは暮色に包まれる。

Sunset1104

※見沼代用水東縁(さいたま市緑区大崎付近と思われる)から見た落日。時刻は四時半頃。空がデカい。

  • 四時半過ぎに浦和美園に到着。AEONのショッピングセンターで時間をツブす。
  • ショッピングモール内も赤い人たちでごったがえしている。
  • 11月14日は埼玉県民の日らしい。なんか、仕組んだみたいな展開だな(笑)。

AFCチャンピオンズリーグ 決勝 第2戦 浦和 vs セパハン

  • 座席は、バックスタンド側二階席ピッチを眺めて左寄り(つまり南側)。前半はイラン側のゴールだったので、永井のゴールは比較的近くで見ることができた。
  • 結果だけをみると圧勝。
  • でも途中、特に後半にはいってからは一方的に攻め込まれる時間が続く。
  • とはいうものの、例によって、ボコられつつもなんとかもちこたえる。今シーズンの後半はずっとこんな調子。連戦で疲れているということもあるのだろうが、もしかして、「攻め込まれつつ点を取られない」というのがうちの芸風として定着しつつあるのかもしれない。良いんだか悪いんだか。
  • スタジアムの雰囲気は殺気立っている感じ。旗の数が異常。いや、なかなか盛り上がっていて面白かった。
  • ゴールの瞬間と優勝決定のホイッスルが鳴った時には、スタジアムがマジで揺れていた。きっと少なからぬ数の観客数がジャンプしていたからだと思う。
  • 試合終了後、セレモニーが続くが観客はほとんど帰らない。ゴール裏はほとんど「騒動」という感じ。

Acl1114
※優勝セレモニー。銀色の紙吹雪がきれいでした。でも、何より凄かったのは観客の声。

  • 帰路はひたすら走る。
  • 122号(←コワいのでね)を通らない道を模索して、結局迷う。
  • 浦和美園から続く片側2車線のパイパスっぽい道(自転車通行可能な歩道も素敵に整備されている。段差も無いし、広くて快適)は、「草加・熊谷方面」に行く様子なので、途中から右に折れて東川口駅に向かう。
  • 東川口駅からの新しめの道路(これも快適)は、2キロか3キロで、突然消滅。まわりが暗くなってきたなと思ったら、いきなり工事中になってそれでおしまい。造成途中だったようだ。
  • 来た道をちょっと戻ってまた122号に戻る。相変わらずコワい。トラックがものすごい速度でぶっ飛ばして行く。といって、歩道は路面が悪く(ところどころ波打っていたり、勝手なモノが置かれていたり、雑草の繁茂で狭くなっていたり。それに何より路面が暗すぎる)て、走る気にならない。ママチャリの速度じゃないと危険ですよ。あの歩道は。
  • 橋の歩道には「自転車は降りて通行」とかいう看板が出ている。「えっ?」 という感じ。だって、幅はけっこうあるのに。それでも押して歩けというのか?
  • 要するに、お国(というのか国交省)としては、自転車にはなるべく歩道を走ってほしくない(←「自転車通行可」に指定されている歩道であっても、ということ。普通の歩道は、モロに自転車通行禁止)のだな。速くてアブないから。
  • 歩行者の安全を確保するために、せいぜい15キロ以下で走行してもらいたい、と。
  • で、車道もできれば走ってほしくないわけだ。危ないし、邪魔だし、遅いし、視認しにくいから。
  • ということはつまり、自転車は、できれば押して歩いて貰うのが、一番安全で邪魔にならなくてよろしい、と、お役人の皆さんは、そういう形式でものを考えているんだろうか。
  • まあいいや。とにかく優勝万歳。

|

« スピード考 | トップページ | 全快祈願 »

コメント

ラブラブミンキーモモ お願いきいて

俺も122号線走ったことあるかもしれません、チャリで。

いっぺん隅田川の花火大会かなんかにぶつかりました。荒川でもやるのなら、そうかもしれません。スクーターでも何度か通ってます、高架で印象的なとこがあるのすよね、足立区直前に。「あーきたわーここまでー」と思うのです、500キロくらい走ったあとだから。

ツコトデ。ミンキーモモはいいすね。

投稿: メルヘンひじきごはん | 2007/11/15 20:22

よかったすね。
広島サポとしてはもしコレが広島だったら
ここまで客は入らないし地上波全国中継は無理だな
と思いながら見ておりましたですよ。
相手を0に抑えりゃ何点取ろうが勝ちな訳で完勝
ですね。ぜひともミランと対戦してあの応援を
ヨーロッパに配信してもらいたいです。
FIFAもそれを望んでいるでしょうし、ミラン調子が
悪いので引き分けに持ち込んでPK勝ち、決勝で
ボカにボカラレル

おめでとうございました。

投稿: slider | 2007/11/15 22:17

TVで見てましたが、スタンドがキチン質でしたねえ。w

投稿: koz | 2007/11/16 00:13

初めまして。
いつも楽しく拝見してます。ただ見はいけないなあ、と思いつつ、近所の本屋さんに小田嶋さんの著書が置いてないものでつい…。

国道が鉄橋にさしかかると、「自転車は降りて押してゆけ」との看板は、1970年代からありました。当然無視してそのまま乗っていたけど。
昨今の、「マナーだ、モラルだ、エコロジーだ、バリアフリーだ、子どもたちのため」の一連のムーブメントとは、年代的に外れてるのかと思いました。

投稿: ラーメン77 | 2007/11/16 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/17081874

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和VSセパハン:

« スピード考 | トップページ | 全快祈願 »