« ピンポンの中味 | トップページ | 近況など »

2007/10/25

城南戦

 しばらく更新できなかった。
 うん。たちの悪い〆切を抱えていたものでね。って、もちろんタチが悪かったのは、〆切ではなくて、オレです。各方面の関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。

 というわけで、仕事も一段落したので、ACL第二戦を見に行ってきましたよ。

【AFCチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント準決勝 第2戦 浦和レッズVS城南一和 @埼玉スタジアム
 http://www.jsgoal.jp/news/00056000/00056218.html

 

Chonum
※城南一和のサポの皆さん。意外に女性が多い。動員だろうか。

  • 座席はメインスタンド側ロウアー席。城南ゴール側から見て左側のコーナーフラッグ近く。
  • 城南の応援団の出島にも近かった。
  • 城南応援団は、黄色い色で統一され、声もよく揃っていた。でも、応援のマナーは単調。やはり統一教会系の限界ということか。ムエタイの入場音楽っぽい不思議な音楽が流れていた。あれはなんだろう
  • 前半は、山田さんが上がってくる側。後半は平川阿部君と平川君のサイド。こっちサイドで3点が入った。
  • ワシントンの1点目は、すぐ目の前で見られた。左ももでワントラップして、そのまま振り返って角度の無いところから逆サイドのサイドネットに突き刺さるファインゴールだった。

  • 行き帰りは自転車。
  • 往路は、5時過ぎに出発。間もなく暗くなる。途中から芝川サイクリングロードを走る。真っ暗。猛烈に淋しかった。
  • 復路は国道。途中、国道122からちょっとそれて旧街道(新井宿・鳩ヶ谷のバス通り)を行く。この道は、昼間の交通量が多い間は道幅が狭くてやっかいだが、夜(10時半過ぎだからね。)は快適。うん。スタジアムからの帰り道はこのコースで決定だな。
  • 本日の走行距離は、往復で37.23km。平均速度は17.0km/h 
  • 7月以来のODO(総走行距離)は、1091.6kmになった。

 とりあえずは、ご報告まで。
 ようやく仕事が通常モードに戻ったので、今後しばらくはこまめに更新しようと思います。ではでは。

|

« ピンポンの中味 | トップページ | 近況など »

コメント

120分間 PK戦と息詰まる緊迫した試合展開5万人を越えるサポーターの歌声 赤い巨大なフラグ 強烈なブーイングが地鳴りのようにわき上がってきた。これらがこのビックゲームを演出しそして素晴らしい結果へと、私はスタジアムの興奮に酔いしれた一夜だった。

投稿: 自遊人 | 2007/10/25 11:40

いや、痺れたね。すごい試合だった。地上波テレビは、なんでこれを放送しなかったかな〜?
それにしても、レッズサポはまさに“赤い悪魔”。浦和の勝利はワシントンとポンテと、このサポーターのお陰といっても過言ではない。決勝の相手はイランのセパハンらしいが、ぜひ打ち破って栄冠を掴んで欲しいものだ。そして日本中を赤く染めて欲しい。
ただし、坪井のチョンボがちょっと心配だが…。

投稿: トシ東郷 | 2007/10/25 13:46

カルビーつて北区だつたんでづね

せんせいが笹塚より転進なされ…そいヤ笹塚にわョィ御本Shopがアルある。

投稿: IE7遣い | 2007/10/25 16:59

こんにちわ。デイトレードしてます。
よかったら相互リンクしていただけませんか?
お願いします。もし相互リンクしてくださるのなら
私のブログに一言コメントお願いします!
http://ameblo.jp/manstein/

投稿: マイン | 2007/10/27 07:26

いつも楽しく拝見しています
この試合で気になった点があります
PK戦で、ホームの利を生かして浦和サポーターがゴール裏を占領し
日本チームが蹴る時は静かにしてて、相手が蹴る時は応援旗を一斉に上下させて視界を妨害するような行為が見られたのですが
これは卑怯、汚いと言ってはいけないのでしょうか
どうもネットを見てもこの件をスルーもしくはよくやった的な意見が大勢なんですが
なんか亀田とあんまり変わらないような気がして複雑な気持ちです

投稿: daikonoroshi | 2007/10/30 02:54

あれは卑怯とか汚い等と非難される類の応援ではなかったと思います。
「あまりにも一方的過ぎるじゃないか!あんな応援はフェアじゃない!」といった気持ちからの発言なのでしょうが、むしろホームチームの応援はあれが正しい形なのです。
圧倒的な応援で味方を鼓舞し、敵を萎縮させ、審判の微妙な判定にまでも影響を与える・・・それこそがホームの利と言えるのではないでしょうか?
だからこそどちらか一方だけが不当に利益を得る事の無い様にホームアンドアウェー、表裏一体の2試合によって決着をつける仕組みが徹底されている事が重要なのだと思います。

ちなみに競技は違いますがバスケットボールのフリースローでも同じシーンは良く観ますよね。

投稿: juventino | 2007/10/31 05:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/16867238

この記事へのトラックバック一覧です: 城南戦:

« ピンポンの中味 | トップページ | 近況など »