« 虐殺 | トップページ | 老師 »

2006/08/05

チェ・ヨンス

チェ・ヨンスが引退だというので、昔書いた原稿を再掲します。

フッチバルというサッカー雑誌(06年6月をもって休刊になりました)に連載していた「モンスター・ア・ラ・カルチョ――蹴球怪物列伝」というコラムのうちの一編で、03年11月に書いたものです。

ついでに、挿絵もアップしておきます。

バイバイ。チェ。キミは最高に厄介な敵だった。

Che

 ホン・ミョンボのようなリーダーシップがあるわけではない。
 ノ・ジュンヨンみたいに、素晴らしい人格者だというのでもない。
 といって、アン・ジョンファンほどの男前でもなければ、パク・チソンのようなまっしゃくれた技巧を持っているわけでもない。
 でも、彼は、それらすべての選手を合わせたよりも強烈な魂を持っている。
 私が監督なら、彼を呼ぶ。
 夫にするならミョンボ兄、ボーイフレンドにはアンジョンファン、友を選ばばノ・ジョンユン、息子にするならパク・チソンかもしれない。多くの人はそう言うだろう。
 でも、自分のサッカーチームに、切り札として一人だけ招くなら、断然、チェ・ヨンスだ。
 チェ・ヨンスは、母国韓国で「ハゲワシ」と呼ばれている。
 禿げているからではない。
 突然、来襲するからだ。
 日本で彼が「ハゲワシ」と呼ばれないのは、たぶん、日本語の「ハゲワシ」が、語感として、どこか滑稽で、年寄りくさい印象の言葉だからだ。チェ・ヨンスには、似合わない。彼は、ひとっかけらも滑稽ではないし、寸毫たりとも年寄りくさくない。
 「ハゲワシ」をあえて日本の現実に沿って翻訳するなら、「クマタカ」「イヌワシ」とするか、でなければ、いっそ英語のまま「バルチャー」と呼ぶのがふわさしい。まあ、本人が喜ぶかどうかはわからないが。
 いずれにしても、ストライカーにとって、「ハゲワシ」の異名は、名誉である。称号と言っても良い。というのも、「ハゲワシ」は、レアル・マドリッドで活躍したスペインの伝説的ストライカー、エミリオ・プトラゲーニョに由来する誇り高い名称だからだ。
 プトラゲーニョの場合も、本人は(少なくとも現役時代は)豊かな髪の持ち主であった。だから、ハゲワシ」の異名は、風貌から来たものではなく、猛禽としてのハゲワシの習性と、プトラゲーニョのプレースタイルの類比によるものだった。
 列挙してみよう。
・はるか高空から、草原の一点を走る獲物を発見する驚異的な視力。
・一瞬の急降下で獲物を仕留める技量の鮮やかさ。
・最後の骨の一片まで、完全に獲物を食べ尽くす貪欲さ
・天空に棲む者が身にまとう孤高の空気
 これらの、ハゲワシの習性を、ピッチ上のサッカー選手のプレーとして翻訳すると以下のようになる
・一瞬のうちにゴールの匂いを嗅ぎ分けるたぐいまれな得点感覚
・ワンタッチでゴールを決めるピンポイントのテクニック
・ハットトリックを決めても、なお4点目を決めに行く飽くなきモチベーション。
 ……チェ・ヨンスのプレースタイルそのままではないか。
 単に巧いだけではない。
 高さ、強さ、速さといった特徴にとどまるものでもない。
 むしろ本領は、ズルさ、汚さ、無慈悲さといった、魂の部分にある。つまり、完璧なストライカー、ということ。
 さらに、ヨンスは、ポストプレーの名手であり、ストロングヘッダーであり、近年は、練達のパサーの貌(かお)を見せ始めてさえいる。完全なFW。ということはつまり、完璧な破綻人格。
 アジアユースにおける、対日本戦でのエピソードは特に名高い。
 エース・ストライカーとして韓国ユース代表に勝利をもたらしたチェ・ヨンスは、勝利にも得点にも飽き足らなかった。
 では、チェ・ヨンスはどうしたのだろう?
 そう。彼は、ピッチからの帰り際、落胆する日本ベンチに向かって、ボールを蹴りこんだのである。死者に鞭。水に落ちた犬を叩く木刀。なんという闘争心。
 ボールを蹴りこまれた川口能活は、
「絶対に見返してやる」
 と心に決めたのだそうだが、おそらく、チェ・ヨンスの自宅にボールを蹴りこんでも無駄だ。ヨンスは、ボレーで蹴り返すに決まっているし、そのボールはあやまたずに敵の顔面をヒットする。なにしろ、闘争心の絶対量が違う。
 ヨシカツよ。
 チェ・ヨンスへの復讐は無意味だ。
 といって、友達になろうとするのも得策とはいえない。
 チェ・ヨンスに対する唯一の対抗策は、チェ・ヨンスに同化することだ。
 チーム内にチェ・ヨンスが3人いれば、無敵だ。優勝は間違いない。
 5人いたら?
 うーむ。チーム崩壊かもしれない。
 10人?
 殺し合い。共倒れ。全滅。合掌。

 

 それにしても、ガンバは大丈夫だろうか。

 寝よう。

 

|

« 虐殺 | トップページ | 老師 »

コメント

さだまさしが、痴漢や強姦されるような服装されるのが悪いって言ってました、 死ね。

投稿: 中村 | 2006/08/05 23:59

チェ・ヨンスと言えばいつだったか、対日本戦でゴールを決めたとき(GKは川口だったような)に
日本のサポーター席の方に見せた挑発的な指差しが忘れられません。いい意味で。

投稿: FEVER | 2006/08/06 15:41

ノリカツって誰だよ

投稿: ugyuyg | 2006/08/10 21:12

>ノリカツって誰だよ

おっと、ヨシカツでしたね。訂正しておきます。
ところでお前誰だよ。

投稿: 小田嶋 | 2006/08/10 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/11289507

この記事へのトラックバック一覧です: チェ・ヨンス:

« 虐殺 | トップページ | 老師 »