« メアド | トップページ | フューチャー・パラダイス »

2006/06/23

ブラジル戦

2006W杯 一次リーグF組 日本代表VSブラジル代表

 あんまり悔しくないのは、気持ちが切れてるからなのだろう。
 後半20分過ぎから後は、ブラジル側もパスタイムのパスばっかり。
 そういえば、スティービーワンダーに「パスタイム・パラダイス」っていう歌があったなあ、と、そんなことを考えながら漫然と画面を見ていた。

They've been spending most their lives
Living in a pastime paradise

ブラジル人は試合の大部分をパス回しの天国で過ごす。

 なるほどな。たしかに、試合の終盤は、完全なパラダイスだった。

 They've been wasting most their time
Glorifying days long gone behind
They've been wasting most their days
In remembrance of ignorance oldest praise

そしてまた彼らは、過ぎ去ったペレの日々を賛美し、古き良き無垢なる黄金の中盤の時代を懐かしむことで、生涯の大半を空費するのである。

 スティービーがサッカー通だったとは。いや、勉強になった。

 ジーコには、リアルをありがとうと言っておく。
 ついでに、さようならを言わせてくれ。
 バイバイ、茨城県の恩人。
 別れるべき時が来た。
 なあに、さびしいのはしばらくの間だけだ。
 ふるさとでは、丘の上でワントップのキリストが手を広げて待っている。
 国に帰ったら、地球の裏側で過ごした幾年間かの出来事については、もう思い出さないでくれ。
 オレも忘れる。
 

|

« メアド | トップページ | フューチャー・パラダイス »

コメント

なんで忘れるんですか。ジーコが監督だったからサッカーにおける自由について何年も議論できたでしょう。日本のスポーツ、だけじゃなく、日本全体が、自由ではないことや、自由を考え直すこと、またその作業が必要であること、確認できたではないですか。
代表チームや強化方法については、あのチームがワールドカップで出来たこと、出来なかったこと、それらを分析して、どんなところをよいと認めるか、どんなところをだめだったと反省するか、それ細かくやっていくべきではないですか。もちろんこれはしんどくて、つらい作業ですが、それしかないんじゃないですか、もし、日本のサッカーをよくしたいと、強くしたいと、考えるならば。
あなたのように、書いて読ませることを仕事にされてるサッカーファンが、ふてったり、ねじれたりしてどうするんですか。
もし、あなたがそういった態度のままいらっしゃるならば、こちらのブログ上に日本代表のどこがどうだめでどうだったから忘れたいのか、まっすぐ、言い直さないのであれば、サッカーについては、お忙しい中で時間を作ってスタジアムに通われたりというように、サポートしてらっしゃる浦和レッズだけにして、代表のことは金輪際、書かないでいただきたい。
言論の自由、ええ、あるでしょう。
でも、あなたはサッカーのために、日本代表チームのために、なにかを賭したんですか。たとえば日本代表チームに帯同しながらレポートを書き続けたり、ジーコについてはっきりとモノを書けるくらい取材を続けたりなど、されたんですか。
もし、そうでないならば、サッカー選手や監督、彼らをサポートするスタッフや仲間たちのようには、自分の身から、生活から、なにかを賭してはいなかったのであるならば、そういう人間は、サッカーに携わって生きている人間たちを、頭ごなしに、否定することや、ニヒリステヒックに書き切り棄てること、すべきでない、と、反省しながら、書く。
それは、あなたのような物書きが担うべき責務じゃないのですか。

投稿: OLA | 2006/06/23 20:37


空気嫁(はーあ)

投稿: TAKKY | 2006/06/23 21:28

>でも、あなたはサッカーのために、日本代表チームのために、なにかを賭したんですか。たとえば日本代表チームに帯同しながらレポートを書き続けたり、ジーコについてはっきりとモノを書けるくらい取材を続けたりなど、されたんですか。

燃料投下乙

投稿: TAKKY | 2006/06/23 21:30

>ジーコが監督だったからサッカーにおける自由について何年も議論できたでしょう


代表監督は結果が全てです。
物事を試す場ではありません。
自由という言葉を出せば全てが免罪符にならない。
彼は代表に勝つ術を与えられなかった。
ただそれだけだ。

投稿: ヒロ | 2006/06/23 21:47

>あなたのように、書いて読ませることを仕事にされてるサッカーファンが、ふてったり、ねじれたりしてどうするんですか。

あの日本代表の試合を見て、「感動をありがとう」とでも書けというのか?

>言論の自由、ええ、あるでしょう。
でも、あなたはサッカーのために、日本代表チームのために、なにかを賭したんですか。たとえば日本代表チームに帯同しながらレポートを書き続けたり、ジーコについてはっきりとモノを書けるくらい取材を続けたりなど、されたんですか。

日本代表チームに帯同していても、犬のウンコ以下のコラムしか書かない物書きがほとんどじゃないのか?

小田嶋さんに噛み付くのは筋違いだろうが。

>OLA

他人に文句をつける前に、お前が日本代表のダメな点や今後の課題を先に提示するのが礼儀じゃないのか?
議論にすらならない。
お前のようなクズに、日本代表について語る資格は無いよ。

投稿: ar | 2006/06/23 22:10

>日本代表について語る

残念ながら、そもそも語るほどのものでもなかったですね。
予選での危なっかしい戦いからして2位通過で御の字のはずがそれすらも・・・
いえ、だから負けて当然なのですから代表にはご苦労様と言いたいですね。
早くスポーツなぞ「遊び」で済ませられる世の中になって欲しいものです。

投稿: 774 | 2006/06/23 22:42

途中までテレビで試合を観てたのですが、睡魔に
負けました。あとは、細切れの記憶しかありません。

ジーコが、海外のメディア相手に柳沢のクロアチア戦でのシュートミスを批判をした、という情報を知り、ファミリーが崩壊したのではないか、と気になりました。

ファミリーという漠然とした絆ではチームはまとまらなかったなぁ、というのが今回の感想です。

投稿: K | 2006/06/23 23:32

 自由については、彼のカール・マルクスが卓抜な意見を述べています。曰く
「自由とは別の言葉でいえば権力のことだ」
 何度も引用したセリフですが、あんまり素晴らしいのでまた引用します。ダンケ、カール。
 つまり、フットボールが行われているピッチの上で自由にふるまうためには、その前提として、対戦相手を上回る「力」を発揮していなければならないということです。なんとなれば、直面する二つのチームの利害が相反しているサッカーコートの中では、一方の自由は、他方の不自由であり、敵方の力の解放は、自軍の自由に対する束縛にほかならないからです。
 つまり、自由は、「自由になろう」と決意しただけで得られるものではない。
「私は自由だ」
 と宣言したところで同じです。
 自由を実現するためには、自分に反対するあらゆる勢力を力づくで制圧せねばなりません。
 当たり前の話です。

 自由はやっかいなものです。
 敵の自由と味方の自由が相反するのは、理の当然というのか、存在の必然ですが、味方同士の自由だって、場合によっては、少なからぬ矛盾をはらんでいたりします。
 たとえばの話、ディフェンダーの自由とアタッカーの自由はほとんど真っ向から対立しているし、無思慮なプレーヤーの自分勝手なパスは、受け手に届きません。
 つまり、パスひとつをとっても、そのワンプレイには、送り手と受け手という二つの異なった立場のプレイヤーが関与しているわけで、だとすれば、少なくともその両者の間に合意なり序列なりといった「不自由な」(あるいは「戦術的な」)関係性が成立していないとサッカーのプレイは成就しないわけです。
 長くなりそうなので、とりあえずこのへんで。

投稿: 小田嶋 | 2006/06/24 00:37

リアルってreal、「血」のことだったんですね。ダヴィンチコードはいい教師です。

マドリードの血。

「うおー血」「それって血だね」などなどと我々は口にしていたと。

どうかと思う。そういうのから「自由」になれたのが「戦後民主主義」じゃなかったのか。

なかったんですね。

投稿: メルヘンひじきごはん | 2006/06/24 06:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/10642481

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル戦:

» W杯記 [主夫大学院生の人生カウントダウン]
W杯記と書くほど大げさなものじゃないのですが、少し考えさせられた数日間でし たの [続きを読む]

受信: 2006/06/23 10:42

» ブラジル戦 [はぜ日記]
ブラジル戦、終わりましたね 結果は1×4の大敗... ある意味予想通りでした で個人的な感想をオダジマ先生風に...(笑) ・やはりロナウジーニョはスゴイ!ありえない体勢からのシュートやパス、特に日本D... [続きを読む]

受信: 2006/06/23 18:52

« メアド | トップページ | フューチャー・パラダイス »