« うるうる | トップページ | オーラの泥沼 »

2006/05/15

霊魂と自尊心

 死者を悼む気持ちや、亡くなった者と会いたいという心情を否定するつもりはない。
 しかしながら、凄惨な事故の現場に立ち会って動揺している人間や、身内の死に直面して打ちひしがれている遺族に対して、「口寄せ」だの「浄霊」だのといった話題を持って近づいてくる人間がいることには、やはり嫌悪の念を禁じ得ない。

 儀式化された葬儀には、それなりの意味があるのだと思う。
 残された者の喪失感を軟着陸させる意味でも、追悼の気持ちを目に見える形で表現するためにも、格式張った葬儀や宗教儀礼は、必要なものであるのだろう。
 しかし、浄霊、除霊、口寄せ、スピリチュアルカウンセリング、といった霊能者の個人能力に乗っかった作業は、人類文化の伝統に根ざした追悼や慰霊の儀式とはかなり意味が違う。これらは、詐欺ないしは、恐喝だ。
 詐欺、恐喝でないにしても「霊魂が見える」ということを主張している人間は、自我狂ではあるはずだ。
 彼らの心中では、霊魂の存在は、疑い得ない大前提となっている……と、ここまでは良い。霊魂の存在を信じている人は少なくないし、そう考えることがほかの誰かに害をなすわけでもないからだ。
 問題は次の前提、「霊が見える人間とそうでない人間がいる」という、彼らのうちにある決めつけにある。
 つまり「世の中には、生まれつき霊魂の存在を感知する能力を持っている人間と、その能力を持たずに生まれてくる人間の二種類があって、自分は前者である」とするこの決定論は明らかな選民思想なのである。
 であるから、霊魂肯定派の人々は、霊魂を否定する側の人々に対して、万全の優越感を持って対峙している。
「合理主義者だかなんだか知らないけど、あの人たちは、霊が見えないかわいそうな人たちなのよ」
 と。

 霊魂やオカルトといった神秘思想にハマるのは、必ずしもアタマの悪い人々ではない。
 アタマの出来不出来だけについて言うなら、霊を信じる人には、どちらかというとアタマの良い人が多いのかもしれない。
 では、アタマの良い彼らがどうして、霊能力者なんかにひっかかるのか。
 思い上がっているからだ。
 彼らは、自分が特別な人間だと、ぜひともそういうふうに考えたい人々なのであって、霊魂は、そのためのツールあるいは筋道なのである。

 霊能力者にひっかかる人々の選民意識は「あなたは○○の生まれ変わりです」だとか「あなたには龍神様がついています」みたいな、特別なご託宣をほしがるという形で顕在化する。
 一方、霊能力商売にたずさわる人間には、独特の鑑識眼があって、自分のところに相談にやってくる人間を、「たたり」や「悪霊」で脅した方が良い組と、「守護霊」や「輪廻転生」を持ち出して、自尊心をくすぐってやった方が良い組に、素早く分けることができる。まあ、詐欺師の目だけど。
 で、思い上がりのキツい、芸術家肌の、シャーマン体質の、自分大好きな人たち(ユ○ミン、林真○子、あるいは、そのほか「オーラの泉」に集う幾多の芸能人たち)は、霊界のファーストクラス認定と引き替えに、こぞって有名霊能者の広告塔になる、と。

霊魂が存在するのかしないのか、という議論に深入りするつもりはない。
 私自身は霊魂など存在しないと考えているが、その考えもまた私の独断に過ぎないのだし、いずれにしても、この種の議論については、100パーセントの証拠は提示できないわけだから。
 だから、百歩譲って、「霊魂に類するものが存在する可能性は否定しない」というところまでは認めても良い。
 だが、その「霊魂」に対して「アクセスできる人間とそうでない人間がいる」とする命題について言うなら、私は、その前提は絶対に受け付けない。
 だって、そうだろ?
 彼ら自称霊能力者は、「霊魂の有無」についての議論を、「霊能力の有無」にすりかえているって、それだけの話じゃないか。
 というよりも、「霊」という超自然的な存在を語るにあたって、「能力」みたいな場違いな(というよりも無茶苦茶に個人的な)要素を持ち出してくるのは、彼らにとっての最重要課題が、霊そのものではなくて、自らの能力の誇示であるからにほかならないのだよ。

 だから私はこう言う。
「霊は存在するのかもしれない。が、だとしても、その霊が、エハラ某や美輪某や細木のババアの目には見えて、オレの目には見えないという、そのことは絶対に認めない」
 と。
 以上の主張は、非霊能力者である私が、全身全霊をかけて防衛せねばならない最後の一線だ。なんとなれば、霊、神、あるいは超越者といった形而上の存在について、それらとともにある人間とそうでない人間がいるとする前提は、人間を、高級種と低級種に分類する思想にほかならなず、その思想は、どうしたって高級人類による、低級人類の支配およびコントロールという結論に到達せざるを得ないからだ。

 いわゆる「霊感の強さ」を自覚している人間は、最終的には、自分が、守護霊や、先祖の霊、あるいは前世の因縁や転生の記憶を通じて、一種の超能力(予知能力とか危険回避能力とか、人格識別能力とか)を発揮できる存在である旨を主張することになる
 結局、「霊感」を主張している人間が言わんとしていることの骨子は「私は特別な人間だ」「オレは選ばれた人間だ」「自分は高貴な血統の末裔だ」「私は歴史上の偉人存在の生まれ変わりだ」
 という、なんというのか、シャレにもならない自慢話に尽きるわけなのだな。
 うーん、大演説になってしまった。
 そこいらへんに飛んだ唾を拭いて、寝てください。
 オレも寝ます。
 

|

« うるうる | トップページ | オーラの泥沼 »

コメント

宗教家の父のお陰で熱狂的無神論者かつヒステリックなオカルト否定派になってしまった私の彼らに対するルールは「議論しない」。長年に渡るご家庭内宗教紛争で到達した結論がこれです。議論を始めた段階で、すでに彼らの目的は半分達成しているようなものですし。。受け流して、全速力で逃げます。

投稿: かず | 2006/05/15 12:17

「金儲けは、頭でするんじゃない。心でするんだ」

投稿: 『細木数子を踏み潰すブログ』 | 2006/05/15 17:22

私の頭が悪いせいなのか、論理が飛躍していてびっくりしました。「思想」と「真偽」がごちゃごちゃです。細木は論外、美輪も自己陶酔が強く言うことも粗くて
嫌だし、99%の霊能者はインチキでしょう。でも江原氏の「能力」は時に否定しがたい。前世の話などは、証明の仕様もないので興味がありませんが、知り得るはずのないハードファクトをたびたび言い当てているのはどう考えればいいのか。亡くなった家族と「通信」する番組を含め、全部がやらせだとは考えられないものも多々あります。否定派はなぜかこれらについては触れるのを避け、反証しようとしません。

投稿: 柚子 | 2006/05/15 18:23

>知り得るはずのないハードファクトをたびたび>言い当てている
私は、柚子さんの本名と生年月日がわかれば
あなたの知らないあなた自身の情報さえも
バシバシ当てられますよ

それだけのことですよ。

投稿: slider | 2006/05/15 19:30

あいつらがどうにも許せないのは、
人の不安や不幸に付け入って、
あこぎな金儲けをしてるからだけじゃなかったんですね。
いやぁ、それは気づかなかった。

>柚子さん
江原は番組で、「あなたの前世は中世の騎士だ」とか
「ヨーロッパの僧侶」だとか、
なにやら特権階級ばかりでてきて
「江戸時代の水呑百姓」だとか、
「古代エジプトの奴隷」だとかいわれるのを
一度も聞いたことないのは、
やっぱり、あんな風にテレビに出るような人たちは
前世が特権階級の選民だったと思ってらっしゃるからですか?

投稿: スノーケラー | 2006/05/15 19:48

>柚子さん
 ミスターマリックは、何も持っていない握り拳の中に、500円玉を現出させる能力を持っています。私はこの目で見ました。空気だけを原料にニッケル黄銅合金のコインを生産する能力。とてつもないチカラです。
 それに比べれば、江原の能力なんてゴミみたいなものです。芸能人のプライバシーをひとつふたつ言い当てたというだけ。噴飯。
 もうひとつ私が驚いているのは、テレビで放映された芸能人秘密当てバラエティーのVTRを見て、超能力の存在を全肯定してしまう人間の事実認定能力です。
 一種の超能力ですね。
 

投稿: 小田嶋 | 2006/05/15 20:21

最近の小田島さんの文筆の切れは、今までに増してすばらしいですね。
「日本人の思想は一生持たない」とどこかで聞いたような気がしますが、『遊撃手』の最終号で「タコゲームの指を詰めさせ続ける」(←記憶なので正確ではありません)と言ったことを貫いている姿勢はすごいです。
これからも楽しみにしております。

投稿: なまけもの | 2006/05/15 21:36

 今日発売の週刊読売のコラムを読んだんですけれど、正直、私は打ちひしがれています。

 いえ、亀田兄弟のあの傲岸不遜な態度がどうのこうのとか、それをヨイショしまくる芸能人文化人がいるとかはどうでも良いんです。所詮エンターティメントですから。
 最近、実は日テレが亀田兄弟をヨイショしまくってTBSのお零れを拾っているのご存じです?
 夕方のニュースで、先週、3、4日連続とかで、別にシリーズでもないのに、亀田兄弟の動静を流してましたよ。
 何かこう、視聴率という正義の前には、いかなるメディア、いかにる言葉も力を失ってしまう、ということの、圧倒的じゃないか……、感に絶句してしまいます。

投稿: えいじ | 2006/05/16 00:08

最近ちょうど隣人に、突然占いを(かなり強く)勧められ、困惑しつつもその存在を否定しきれない自分がいました。現実主義の自分にとっては、これまでなら殆ど相手にもしない話ながら、現在精神的に弱っていることもあり、ついうっかり信じそうになっていました。
このコラムを読んで、三途の川を渡りかけたものの娑婆からの声にふと我に返ったかのような気持ちになりました。

投稿: りん | 2006/05/16 00:36

はじめまして。
「ゲームラボ」のコラムで小田嶋さんのことを知りました♪
いわゆる「霊能力を持った人」に対するモヤモヤした感情(主にうさんくささ)が今日ハッキリしました。
なるほど!「選民思想」という言葉だと非常にわかりやすいですね。


投稿: 二久山 鉄平 | 2006/05/16 00:40

エハラ某や美輪某や細木のババアのような低級人類を法律で取り締まれないものですかね。まあ、そんなんは無理でしょうから、こういう場で彼らの薄汚い本性を指摘し、ああゆうものを信じる連中もまた、低級人類に他ならないのだと嘲笑うような風潮が高まっていくといいですね。

投稿: fkj | 2006/05/16 11:33

誰しも選民思想はあると思うんですよ。
俺はどこかが違う、あいつらと一緒にするな。
いつか俺だって・・・・
でもまぁ「並」ですよね。並にも幅はあるけど
並ですよ。80%は。日本代表にも
アイドルにも官僚にも科学者にもビルゲイツにも
なれない訳ですよ。
893にもなりきれず並の下か並の中か並の上を彷徨う
だけですよ。
でも霊能力だけは並の人間が唯一何の努力も勉強も
しないで運不運にも左右されず持てるんですよ。
自分自身に嘘が吐けるスキルがあれば。
言い換えれば「壊れる」って事ですけどね。

投稿: fuckme | 2006/05/16 12:51

ししょーのたくせんに従って宮崎事件を洗う旅に出ましたが、その旅すがら、鈍行の中で前にうpした乃木大将のSSがひらめいたのですね?

その後で会った宮崎事件の真犯人が、乃木大将の棄てられてた碑を以前拾って家にほったらかしてると聞いたときは、えもいわれぬ心持がしましたなぁ。たまたまにしては出来すぎた話ですわい。

だからと言って宗旨替えはしませんが、そういうことも、あるという。だからむしろ、霊を科学分析する姿勢が、もっと社会全体として共通のオピニオンになっても構わないと思います。

オーラの泉は反吐が出ますがね。

投稿: メルヘンひじきごはん | 2006/05/16 13:20

 未だ生を知らず 焉んぞ死を知らん

 江原、美輪、細木(敬称略)が孔子よりすぐれているとは到底思えないので、自分は論語にしたがいます。

 安岡正篤先生ご健在なら、賛成してくれたと思います。

投稿: よし | 2006/05/16 22:19

江原氏はきっちり人を見てアドバイスしてますよ。悪い意味でね。
関西ローカルで素人相手にアドバイスするコーナーがあるんだけど、
ビックリするくらい平凡なことしか言わない。
前世がどうだとかひとっことも言いません。
内容は誰にでも言えるような事だけ。

美輪氏に対しては前から態度や主張に違和感を感じていて、
それは彼って結局初めからお金のある人や美に恵まれた人やセンスのある人を
対象にものを言っているのに当人にその自覚がないからだと思う。

オーラの泉は面白くてチョイチョイ見てます。
美輪氏江原氏、そしてゲストそれぞれが自分の特殊性(初めから選ばれしものである)を確認しあい
天井知らずに膨らんでいく自我の下種いことと言ったら見ものですよ。

投稿: タロスのパン | 2006/05/16 23:26

人は自分の鏡といいます。
私には江原さんの言葉や、していることがそれをできる人間とできない人間に分けているようには見えません。
家族が個人の亡き言葉を聞いて、なぜ泣くか判りますか?
それは、会話がしたくてもできないつらさと、後悔の念があるからでしょう。


人を選民してるのは、あなたの方ではありませんか?
嫉妬という定義で話すなら…
 なぜ、あなたがコラムニストで
私がコラムニストでないのか疑問です。

 ですが、ほんとうはそんなことはどうでもいいことでしょう?

あなたにも、あなたがどれだけ苦労してその地位に登りつめたか、
そこを察してから物を言えとなりえませんか。

 それぞれが、それぞれの立場を持ってやってらっしゃるのですし。

もっと、自分が本当に行きたい方向へ行くのが精神衛生上いいことですよね。
 
 それでは、お邪魔しました…失礼します。

投稿: こっそり | 2006/05/23 03:03

まー。

シャアアズナブルが人類全員をニュータイプにしようとしてるとは先々月号まで知りませんでした、Newtypeの。じゃあシャアイイ香具師じゃん!違うのですか異能…アムロは何をやっとんのかと。

投稿: メルヘンひじきごはん | 2006/05/23 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/10075370

この記事へのトラックバック一覧です: 霊魂と自尊心:

» いたことオカルトタレントのビジネスモデル [インチキジェント・コスモス構想]
今回のブログは偉愚庵亭憮録の「霊魂と自尊心」に対するトラックバックです。 うちの実家のあたりには「いたこ」がいました。 (いたこ4級の免状が貼ってありました) 私が子供の頃、祖父が亡くなったので、家族に連れられていたこのところに行ったときです。頃は小六、それなりにオカルトに興味を持ち始める頃なので、心霊の神秘のようなものが見られると実は期待していました。 そこで繰り広げられたのは、茶番でした。「祖父Zとお話ししたいのですが」と言うといたこは「私はZだぁ」と答え「お前は誰だ?」... [続きを読む]

受信: 2006/05/23 08:35

» 『ファブリーズ・エクソシストの事情』 [【THE FOOL ON THE HILL】]
■霊障に悩まされてる方達とファブリーズみたいな除菌系グッズのユーザーってどの程度かさなってるんでしょう?  結構ダブってるのかもしれません。除菌と除霊ってコトバの響きも似てるし (マテ  というのも霊感がある(という噂の)知人によれば部屋に流れつく『気持ちの悪いもの』にはスプレー式のファブリーズが効くんだそうです。彼女自身の発見というわけじゃなくて、そういった方面では割と有名な話なんだとか。  私個人はオーラも霊も視たことはないけれど、高価な祈祷やお守りじゃなくそういった普通の品の方が効果... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 17:15

« うるうる | トップページ | オーラの泥沼 »