« 9条どうでしょう | トップページ | 都立校の統計学 »

2006/03/30

エクアドル戦

国際親善試合 日本対エクアドル

  • ショボいゲームだった。
  • 久保のコンディションの悪さが響いていたのかもしれない。
  • 佐藤寿人は見事。ボールタッチは少ないがシュートが巧い。大黒と同じタイプ。どちらか、W杯の時点でコンディションの良い方を選出してほしい。
  • 対して玉田は、シュートのひとつ手前までは良いんだけど……というあたりが、どうも柳沢っぽい。とすれば、同じタイプとしてはヤナギの方が良いわけで、使い途はないですね。
  • 小野君は、オガサとボジションチェンジをしながら積極的にプレイしていた。でも、ミスが多くて全体的には、あんまりかみ合っていなかった。福西とのコンビネーションもいまひとつ。走れるようにはなってきている。W杯までにコンディションを戻してほしい。

|

« 9条どうでしょう | トップページ | 都立校の統計学 »

コメント

アレックスくんをほめてあげてください。

玉田くんは良かったですよ。すごく楽しかったです。
ドリブルはヤナギよりはうまいですし、シュートをうってました。
囲まれたときの球さばきは前園なみだと思います。
すべてでバランスのとれた、ここぞ、というところのないヤナギくんとは違ったタイプの選手です。
玉田くんに優しくなって、玉田くんのプレーをもっと楽しんであげてください。

坪井くんも今日はがんばってました。
最初のチョンボで今日も坪井くんのチョンボで楽しめると思いましたが、
あとはかなり良かったと思います。
前線へのフィードはもうちょっとうまくなってほしいですが。

投稿: ばかぞの | 2006/03/30 22:33

>ばかぞのさん
 玉田君は良かったです。
 スリリングなドリブルは見ていて楽しかったです。
 でも、なぜか点が取れない。
 柏レイソルで孤軍奮闘してた時からずっと同じです。
「頑張れば頑張るほど、得点から遠ざかってしまう」というこの症状は、ドリブラーが陥りがちな地獄なのだと思います。レッズの田中達也選手なども、一時期は同じカタチにハマって苦しんでいました。
 解決策は、何よりシュートを枠に飛ばすことですが、それ以外だと
1.早めのシュート。
2.持ちすぎで自縄自縛になる前に、視野を広く持つこと
3.相方のFWとの連携
 ぐらいでしょう。いずれも寄せ集めの代表チームの中では実現困難な課題であるような気がします。

 私が柳沢をより高く評価するのは、点が取れない(←シュートがヘタ)な欠点は同じでも、ヤナギの場合は持ちすぎない分、チームメートの得点に貢献しているように感じるからです。

 それにしても、ココログ、重いですね。
 更新意欲が削がれます。マジで。

投稿: 小田嶋 | 2006/03/31 00:42

>でも、なぜか点が取れない。

たぶん、自分の得意なシュートレンジから逆算した動きができていないからと思われます。

投稿: sora | 2006/03/31 13:51

小野、△。なんか変でしたね。ちょっと心配。
小笠原、○。プレーはイマイチ。でも倒れた相手選手の威嚇、ボールの置き位置を強引に修正するオラオラ対応がグッドジョブ。汚れキャラがすっかり板につきましたね。
玉田、?。残念。アイドル顔なので悔しがっても絵になるけど、かえってそれが演劇調。
佐藤、○。やんちゃ坊や顔。農民、トラック運転手、お笑い芸人の中に新機軸。入れておきましょう。


投稿: かず | 2006/03/31 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/9339857

この記事へのトラックバック一覧です: エクアドル戦:

» E=mc2 世界一有名な方程式の「伝記」 [イースター堂]
E=mc2。 アインシュタインによって生み出されたこの方程式の意味とは? 1905年に生まれ2005年に生誕百周年を迎える「E=mc2」を人間に見立てて伝記を書くように解説した、ユニークなポピュラー・サイエンス。 ... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 13:02

» 3/30 日本代表VSエクアドル戦 親善試合 [わいわいな日々]
 相手のコンディションがいかにも悪く、動きが少ない。 やる気も微妙で、こちらがボールを奪っても奪い返しに来ない。 Jの外国人プレーヤーは、取られた瞬間は鬼のような形相で奪い返しに来る(ポンテとかマグロンとか)ので、向こうにとっても親善試合なのだ...... [続きを読む]

受信: 2006/04/01 18:33

« 9条どうでしょう | トップページ | 都立校の統計学 »