« ガダルカナル | トップページ | 転倒 »

2006/02/12

ダウンヒル

※スキー競技男子滑降

 夜。NHK BS1にて男子滑降決勝を見る。
 やはり、冬季オリンピックの魅力はダウンヒルに尽きると思う。
 選手が滑り降りる姿を見ているだけで、なんだか爽快な気分になる。
 日本人選手が出ていないことは、残念と言えば残念だが、中継放送についていうなら、外国人選手のみの競技の方がずっと良い出来になる。だって、実況、解説が、ヘンな応援モードを発動しないから。
 金メダルを取ったフランスの選手の選手の滑りは見事だった。
 スノボのために、午後10時頃、中継終了。
 というわけで、私にとってのトリノ五輪はほぼ終了いたしました。

※スノボ・ハーフパイプ
 惰性で見る。スキーと比べると、スノボの世界は何から何まで違っている。面白いな。

  • 選手のマナー:カメラに対するアピール。観客の煽り方。失敗した時のアクションの取り方。とにかく明るい。でもちょっとDQN風味。
  • ファッション:パッツンパッツンのフィット感がスタンダードであるスキーファッションと違って、スノボでは、ダブダブが基本。ズボンは当然腰パンがデフォルト設定。ヘルメットも千差万別。ま、ストリートファッションですよ。アルペン風味、およびゲレンデっぽさはゼロ。仕草も微妙にチェケラッチョ。
  • 観客:ピーピーワーワーな感じ。なーんかアメリカっぽい。ノリの良さも雪上の人々とは思えず。
  • Tシャツの兄ちゃんを何人か確認。絶対アメリカ人だな(笑)
  • 滑走前、背中に雪を入れる選手が何人かいたが、あれは「気合いを入れている姿」なんだろうか。
  • ドイツのビンセント・ルプスという選手のベルト位置の低さは限界レベルだった。真っ赤な口紅塗ってるというのもすごい。しかも、カメラにキスマークつけるし。ドイツ人にも不良がいる、と。勉強になった。
  • 演技としては、やっぱりアメリカ人さんの独擅場。ショーン・ホワイトという選手は、抜群。ちょっとコカインやってそうなところが心配だが

  ってことで、今日はゆっくり寝ることにして、明日から頑張ろう(←何を?)。

 追記:結局、最後まで見てしまった。それにしても、なんだかゲイっぽい選手が多い(コーチも)ような気がしたのは私だけだろうか。

|

« ガダルカナル | トップページ | 転倒 »

コメント

完全に偏見なのは承知しているのですが、私もスノボの選手って血中DQN度が高そうだなあ…と思っておりました。
理由を探っていたんですがあまりよくわからず、スケボーのイメージが混入してしまっているのかなあ、と考えたりしています。

投稿: タロスのパン | 2006/02/12 23:27

しかし、ハーフパイプ男子の日本選手全員予選落ちというのは何なのか?
もともと実力がその程度ということなのか?
彼らが実績を挙げたというW杯は、有名無実の大会なんだろうか?
「メダルの期待がかかる…」と紹介し続けたメディアは、実は彼らが実力不足であることを先刻ご承知だったのか?

投稿: 凡人 | 2006/02/13 00:55

イン坊ボー坊転機予報。

童夢くんの点数の低さ、逆に爽快ですらありましたなw

いやあ、陰謀なんて、冗談冗談!wそんなことあるわけないじゃないっすか!!痴呆…じゃない、放置…じゃない、法治国家の集合体のこの地球上で!

投稿: メルヘンひじきごはん | 2006/02/13 06:58

>ちょっとコカインやってそうなところが心配だが

前回五輪では、マリファナで薬物検査にひっかかってメダル剥奪になったカナダ選手がいましたね。
でも、通常(の大会?)では問題ないのに!とか抗議して撤回になったとか、ならなかったとか。
つまりもともと興奮剤が必要な競技ってこと?

投稿: qima | 2006/02/13 09:29

>彼らが実績を挙げたというW杯は、有名無実の大会なんだろうか?

有力選手は北米の賞金の大会にしか出て
こない(特にアメリカは)ってのはちゃんと言
われていましたけどね。モーグル初めメダル
とれるって予想自体が甘すぎるとは思って
いたので妥当な結果じゃないんでしょうか
(でも予選は一人二人は通ると思ったが)。
海外の予想で日本はメダル1・2個ってのに
ワイドショーなんかで反発して16・7取れる
なんて言ってた人もいますが、こんなもんだ
と思います。ジャンプも今では有望種目じゃ
ないし。しかし何でここまで原田を取り上げる
んだ?確かにキャラは好きだけど、もう出て
いいレベルの結果は出していない(若手に経
験させろ)。失格した予選も記録はたいした
事なかったし。

投稿: しん | 2006/02/13 11:51

日本のスノーボード黎明期から見物していた者から一言。
ワールドカップやオリンピックとは別に、世界のプロスキーヤーの大会に「インタースキー」というスキー指導者だけの世界大会があるのをご存知ですか。これは記録を競うのではなくスキー・スノボ指導技術のデモストレーション大会です。長野オリンピックの前に日本で催された時の事ですが、その大会場長野県野沢スキー場はスノーボーダー(世界各国のトップ指導者達)に練習ゲレンデの開放を拒み、もめました。当時(日本の)スノーボーダーはスキーゲレンデの暴走族とみなされていたのです。その後スキーブームが去り、渋々ゲレンデを開放したものの、ボーダーはリフト搭乗が極めて少なく、(営業にあまり寄与しない)それはそれでママコ扱いされ続けて来ました。
夏のオリンピックに比べ冬季五輪は「ウィンタースポーツ=遊戯(児戯)」という日本的文化度が反映しているように思えます。

投稿: 丹沢山人 | 2006/02/13 23:50

以前タモリ倶楽部で見たのですが、鳶のズボンがダブダブなのは、そうするとしゃがみ動作が楽だからだそうです。
スノボが腰パン・ダブダブなのもそういう実用上の理由なんじゃないでしょうか。

投稿: 本上力丸 | 2006/02/14 00:04

>丹沢山人さま
>ゲレンデの暴走族
 そういえば、10年ぐらい前はボーダーお断りのゲレンデがけっこうありましたね。

投稿: 小田嶋 | 2006/02/14 09:32

凡人様

普通に液晶テレビ、DVR等の販促材料だったんじゃ>
メディアの希望的観測報道

投稿: mmHG | 2006/02/14 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/8630317

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンヒル:

« ガダルカナル | トップページ | 転倒 »