« 天皇杯準決勝 | トップページ | 一年の計 »

2005/12/31

クロック・アラウンド・ザ・ロック

 夜。民放各局が垂れ流している年末特番のあまりのくだらなさに閉口して、ついつい「アメリカン・ミュージック・アウォーズ」(BS2)の中継を見る。
 なるほど……絶句ですね。
 この10年ほど、自分がミュージックシーンの最前線から疎遠になっているという自覚はあったが、どうやら私は、完全な局外者になっているようだ。
 バイバイ音楽、と言おう。いままでありがとう。

  以下、気づいた点など。

  • マライヤ・キャリーの太り方はヤバい。彼女はどうやら、危険な一歩を踏み出し始めている。歌姫からキリスト狂いのデブに至る、決して引き返すことのできない一本道。ソウル・トレイル。アレサ・フランクリンも歩いた、ゴスペルの回廊。貧困から栄光へ、そして、元の木阿弥へと連なるブルースのブーメラン回路。前車の転覆を後車がなぞるポップミュージックの必然。
  • 白人さんと黒人さんが同じ音楽を聴いていた'70年代の状況と比べてみると、21世紀の音楽事情は、完全に白黒分離して見える。
  • 受賞会場にテンガロンハットをかぶったミュージシャンが目立つのは、これは、「カントリーミュージックの復権」というふうに解釈すべき現象なんだろうか?
  • 違うね。「テンガロンハットの復権」は、おそらく「ロックの断末魔」という潮流の一露頭たるに過ぎない。
  • より詳しく述べるなら、「ロックの死滅」→「白人ファンのカントリー回帰&黒人聴衆のヒップホップ志向」という流れが、白黒両人種におけるかぶる帽子の違いとなって現れている、と。
  • 白人音楽(カントリーミュージック)と黒人音楽(ソウル、ブルース、ヒップホップ)は、接近して見える(←純粋に音楽的な側面についてのみ言うなら、両者は互いに影響を与え合っている)一方で、完全に正反対の思想を顕現するアジテーションとして、別々の道を歩みはじめている。
  • しかも両者が歩み寄るポイントは、ロックではない。ロックは、思い出に過ぎない。それも、どちらかと言えば、悪い思い出。ドラッグがらみだったりする。若気の至り。
  • 白黒両人種が和解を模索できる唯一の場所は、はい、そうです。教会です。
  • で、アメリカン・ミュージック・アウォードには「クリスチャン・ポップス」などという、不可思議な部門賞が設けられていたりする。でもって、その賞を受賞したミュージシャン(メリーメリー)は、ジーザスへの感謝を述べるとともに、「日曜日は教会に行ってね」という受賞コメントを述べていたりするのだね、気持ちの悪いことに。ぐええ。
  • 生演奏を披露したミュージシャンの中では、ローリング・ストーンズとユーリズミックス、それからサンタナが頑張っていた。うん。ロックは還暦のための音楽になってきたってわけだ。たぶん、立ち位置としては、テレビ東京の「演歌の花道」みたいなポイント。すなわち崖っぷち。

 結論:見るんじゃなかった。
 寝よう。

|

« 天皇杯準決勝 | トップページ | 一年の計 »

コメント

>21世紀の音楽事情は、完全に白黒分離して見える。
 
今年の夏、イギリスの野外フェスReading Festival(各種あれども、メイン会場は広義においてロック)に行ってきたのですが、そこで驚いたのが白人率の高さ。ロンドン市内にはあんなに非白人系が多いのに!
良い悪いの問題ではないのかもしれませんが。とても複雑な気分にさせられたのは確か。
 
天皇杯。
レッズ決勝進出おめでとうございます。
 
今年も楽しませていただきました。 
来年も更新楽しみにしております。
 
よいお年を。

 

投稿: かず | 2005/12/31 02:02

 
 いや、小田嶋先生。一年間無事に続きましたね(~_~;)。いずれブログ界の七不思議と言われるかもしれませんでつ。

 来年もこの調子で楽しませて下さい。今年のレッズは、相変わらず強運過ぎたと思います。あまりにフロンターレが可哀相。いくら仮面川崎市民の私でも、たぶん一生等々力に行くことは無いだろう私でも、今年のフロンターレは、ちょっと運が無かったかな~、と思います。ええ、毎年のことみたいですが。

 良い新年をお迎え下さいませ。

投稿: えいじ | 2005/12/31 23:14

読売ウィークリーの「少子化はテレビの恋愛至上主義のせい」拝読しました。

『人はなぜ恋愛にこだわるのか』というタイトルで、1冊読みたいです。

よいお年を。

投稿: よし | 2006/01/01 00:01

初めまして。BSの「ブックレビュー」で紹介さてれましてblogの存在を知りました。
ローリング・ストーンズが出るというので、ワタシも「アメリカン・ミュージック・アウォーズ」を見ておりました。キース・リチャードが最初タバコ吸ってるのがよかったです。
ギターに挿して歌ってくれるともっとよかったのですが。

投稿: gmind | 2006/01/01 00:14

不思議なのは白人は黒人音楽を
好きでも問題ないけど白人音楽を愛する
黒人って見たことないな。
たとえばマリリンマンソンやメタリカ
なんかのコンサートに黒人の姿を
見たことがナイ。何でだろう?
黒人の水泳選手も見たことないけど。

投稿: slider | 2006/01/03 12:56

クリスチャン・ポップスは、若いもんを教会に呼び戻そうという試みから
始まったと記憶しております。「白人のゴスペル」の様でありながら、
ゴスペルとは完全に違う世界の物みたいです。クリスチャンのラジオ局で、
両者共をかける番組、聴いた事ありませんから。(といって、長い事
聴きたい番組でもありませんので、断言はできませんね。)
テレビで、集会の様子を見たことがありますが、ティーンエイジャーなどが
陶酔しちゃっているそれは、「カルト?」と疑いたくなる感じでした。
日本でもやってみたらどうですかね。仏教ヒップホップとか?

投稿: くど | 2006/01/03 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/7912611

この記事へのトラックバック一覧です: クロック・アラウンド・ザ・ロック:

« 天皇杯準決勝 | トップページ | 一年の計 »