« 人食いファンド | トップページ | 軽率ということ »

2005/10/09

ラトビア戦

日本VSラトビア@日刊スポーツ

 Jリーグオールスター(←今見ている)の緊急招集メンバーたちの方がずっとチームっぽいプレーをしているように見えるのはどういうわけなのか。
 後学のために、一応メモを書き起こしておく。角沢君はよく読んで反省するように。
 

  • 実況:角沢アナ→実況技術の拙劣、サッカー知識の欠如、語彙の貧困など、問題はあらゆる範囲に及ぶが、最大の欠点は、上司の考えた(←だろ?)標語を無批判に連呼する精神の空虚さであろう。それにしても「決意のヨーロッパ遠征」とは、一体何を訴えているつもりなのか。
  • 解説:松木さん→たとえばNHKの野地アナみたいな堅実地味系の実況者と組めば、試合に活気を与えるための鳴り物とし機能する場面もあるのかもしれない。が、同じく絶叫系の角沢とのコンビネーションは最悪。お互いのやかましさが強調される。「あぶなーい」と百回ぐらい絶叫していたが、本当にあぶないのは自分のクビだと思う。

※寸評

  • 高原:得点となったロングシュート以外ほとんど仕事をしなかった。
  • 柳沢:頑張っていた。それだけ。
  • 中村俊輔:相変わらず巧い。でも後半露骨にバテた。
  • 中田英寿:なんだかヘタになったような……。トラップはバラけるしパスは長すぎる。どうしたんだろう。心配。
  • 松井大輔:独特のドリブルは、キープ力があって良かった。パスはちょっと空振り気味。
  • イナモト:時々見せる軽率なプレーを大目に見れば、よくやっていた。運動量は少ないかも。
  • 中田浩二:このヒトのミスは、判断ミスや技術上のミスではない。性格ミス。っていうか人間性の根幹から漏出する魂のミス。よって、矯正不能困難
  • 駒野:不毛なゲームに感動を与えるのは運動量のみ。がんばっていた。
  • 田中誠:1点目はこの人のクリアミスが遠因。ちょっとバタついていた。
  • 茂庭:がんばっていた。
  • 土肥:がんばってたけど転びすぎ。
  • 途中出場組:坪井はまだ代表で出られるコンディションじゃない。レッズでも激ヤバなわけだし。

表現を緩和 2005/10/09 16:56:37

|

« 人食いファンド | トップページ | 軽率ということ »

コメント

<それにしても「決意のヨーロッパ遠征」とは、一体何を訴えているつもりなのか。

私も理解不能でした。
決意って言われてもねえ。小田嶋さんが指摘されるように、上司から押し付けられたフレーズを繰り返さないと実況から外されるのでしょうか?
外されても代わりのアナが角ちゃんの劣化コピーになりそうな気がします。

松木さんを、たまたま深夜の通販番組でみかけました。
DHAを効率よく補給できるサプリメントの広告塔として。
サプリメントをいくら飲んでも、解説技術の向上には役立たないですね。
元気になればなるほど、絶叫する時間が増えそうです。

投稿: ar | 2005/10/09 16:54

>「決意のヨーロッパ遠征」
上司も含むでしょうが、おそらくは番組編成チームが一丸となってホワイトボード置いてブレストしてこのコピーで行こう、とかかなり前もって決めてるんでしょうね。
ほんと、くだらないし、つかえないキャッチフレーズばっかりですよね。
同時に、テーマ曲も酷いですよね。いらないでしょ?あんなの。なんかバレーボールを見てるみたいっすよね。

投稿: とおりすがりです | 2005/10/10 01:59

松井大輔。
もう一度見たい!化けの予感。次の次のW杯は彼が軸かもしれません。
 
松木さん。
もはやバラエティー要員ですものね。まだ親善試合だったからいいけれど。ガチの時にこの人だったらミュートしたいっす。。
 
小野伸二。
どうして代表の時にはいつも……。ここまでくればもはや祈祷、お祓いが必要なレベルだと思うのですが。いつかお坊様がカキコされていましたね。お願いできますでしょうか?

投稿: かず | 2005/10/10 13:22

こんにちは。角澤氏の評価は同感です(でも決め付けすぎでは)が、
>頑張っていた・・・
>がんばっていた・・・
>人間性の根幹から漏出する・・・
といった表現じゃ、いかな素人批評とはいえあんまりでは。
グラウンド上の選手はもっと複雑多岐にわたることを瞬時に考えて行動していると思いますよ。
その上のミスやグッドパフォーマンスでしょう。
無分別に切り捨てるのも楽しみの一つですが、もう少し深く考察されたほうが楽しみが増えるのでは?

投稿: muva | 2005/10/10 14:13

サポティスタからおじゃましましたが、
テレ朝にはもはや何も期待していないので、
ムカつく気はとっくになくなっています。
カクザワに対する殺意がひねくれてきていい感じ。
むしろ松木さんのパワーアップぶりは目を見張るものがあり、
必殺技の「いいボールだはっ!!」が、
ついに敵チームにまで降りかかるようになり、私は大満足です。
もはや代表の試合は松木サポーターの為のものであり、
そこを楽しめないと自分が苦しむだけですから。

それより地元のクラブを真剣に応援しましょう。

ただ、本大会くらいはNHKでないといけませんが。

投稿: kentasista | 2005/10/10 17:40

私が子供の頃はNHK山本アナの「東京の曇り空の向こうにメキシコの青い空が見えます」というようなフレーズにワクワクしたものです。

それに比べて角と松はアホすぎる。

テレ朝のせいで日本のサッカー文化は衰退してきているように思えます。

投稿: さんぱいお | 2005/10/13 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/6320475

この記事へのトラックバック一覧です: ラトビア戦:

» ラトビア相手にドローかよ [芸能&スポーツ瓦版]
8日に行われた日本ーラトビアの試合は 前半に高原が先制ゴールを決め1−0にして そのまま前半は終了し後1点とって欲しかった 後半は中村俊輔のPKで2−0にして良かったが ラトビアに2点を取られ2−2のドローで終わった 2点取られたけど相変わらずセット....... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 15:50

» 元PK職人 [劇場国家の日常]
日本、ラトビアに2−2の引き分け えーと、結果はまぁどーでもいいです。 最初から期待してませんでしたから。 中田浩二のパスミスもどーでもいいです。 [続きを読む]

受信: 2005/10/10 00:33

» [Football] 親善試合 ラトビアvs日本、こんなものかなァ [タイで想う日々の日記]
スタメンに軽く驚く。と言うか、わくわく。 4バックで三都主でなく中田コ(中蛸って表記なじめないなあ……)、そして左MFに松井。ずばり見たい。 先発に欧州組が実に7人、テストマッチなんだからできうる限りの組み合わせを見たいけどジーコだから期待はしない。 EURO’04で話題を呼んだラトビアはベルバコフスキスしか知らず。彼はディナモキエフ所属なんですね。 試合開始。 5分の高原のロングシュートは100パーセント「狙った」シュート、 このゴールはホンジェラス戦に続き、本大会のレギュラーを引き寄せる大きな結... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 01:47

» 実況 [ディープインパクトに乗っかれ]
ラドビア戦録画したのをみたのですが、実況がうざすぎる。 スカパーで普段見る欧州サッカーの実況は、あっなるほどと勉強になる知識や分析など披露してくれますが、彼らの実況・解説で試合見ると必要以上にイライラしてくる。 発する言葉に内容がまったくない。 面白い試....... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 02:19

» ラトビア戦、テレビ朝日放送に関して。 [M O N K]
スポーツに於ける「試合」は、それぞれ意味合いを持つものです、草野球は楽しくやればよいし、高校野球に教育論を求める方も居れば、結果が全てのサッカーの国際試合もあります、最近では「世界陸上」や「世界柔道」など、オリンピックの翌年であり、それなりの大会の意義を理解して楽しむものですが、テレビ局は『世界、世界』の連呼に終始し盛り上げる事しか出来ません、何でもかんでも「世界」の冠を載せる、その場限りで試合の意味が見えにくい、バレーやボクシングがスポーツとして衰退し、ファンに飽きられるのも当然の事です。 前置... [続きを読む]

受信: 2005/10/11 16:30

« 人食いファンド | トップページ | 軽率ということ »