« 並び大名 | トップページ | 阿Q戦犯 »

2005/10/17

九段の上

 午前中、テレビをつけると、テレビ東京以外の全局(NHK総合、民放4局)が小泉首相の靖国参拝を生中継している。
  放っておけばいいのに。
  あえて報道することは、わが国にとっても近隣の国々にとっても、建設的な結果には結びつかないと思う。
  どう伝えたところで、不快な波紋を招くだけだ。

 靖国は、基本的には過ぎ去った感傷に過ぎない。
  そのくせ、このひからびた感傷の背後には、死者の骨を利用せんとする勢力が手ぐすねを引いている。しかも、左右の両陣営に、だ。
  バカな話だ。
 
  小泉さんが、特定アジア諸国の反発をかえりみずに、靖国参拝を強行し続けてきた理由について、私は、ずっとその真意をはかりかねていたのだが、もしかしたら、この人は、「近隣のアジア諸国の反発を買うことが、自らの支持率の向上につながっている」といったあたりの機微を、本能的に把握しているのかもしれない。
  だとすると、たいしたセンスだ。
  隣町の臥煙の親玉に啖呵を切ってみせる鳶の親分みたいな人気。
  なるほどね。
  近所の嫌われ者に限って、身内には頼りにされているという微妙な力関係、と。
  でも、あぶないぞ。
 

いたづらに 九段の坂をのぼり来し
 大殿の身に 銃弾の雨

 
  みたいな展開だってあるぞ。
 
秋深し 九段の杜は 銃弾の下

  いずれにしても、コイズミさんは気をつけた方が良い。
  近隣諸国の跳ね上がりだけではない。
  むしろ敵は身近にいる。

英霊に 取り付くダニや えせ国士


ははは。東シナ海の天然ガスが、見かけ倒しであることを祈ろう。日中両国のために。

灘のガス 匂うばかりで火はつかず

 と(笑)。

|

« 並び大名 | トップページ | 阿Q戦犯 »

コメント

はじめて書き込みいたします。

> むしろ敵は身近にいる。
やはりそう思われますか?浜口(暗殺)首相との近似性も言われていますが、どうなんでしょう。
もしそうなると、結構暮らしづらい国になってしまうような気もします...

投稿: にし | 2005/10/17 16:04

>英霊に 取り付くダニや えせ国士
勝つやとみるや 揉み手しながら
 「や」がかぶりますがそこはご愛敬。

>灘のガス 匂うばかりで火はつかず
臭ければよし 元を絶つのみ
 まだ文化人ギャラなのかしら。マネージャーしっかりしてよ。

投稿: nervenarzt | 2005/10/17 16:59

 国外に「敵」をつくり、解決が難しい内政問題から大衆の目を逸らさせる。政治家の常套手段ですが、ここまであからさまにやる人も珍しい。
 次は竹島か尖閣諸島あたりに海上保安船を繰り出して、フォークランド紛争の真似事でもするんではないかな。もちろん、実際に戦闘をおこすと収拾がつかなくなるから、舌戦をするに留めると思うが、それが憲法改正問題とリンクして国会が紛糾すれば、小泉の思うツボでしょう。
 憲法改正に反対する自民党議員は除名する。300議席あるから、少々議席が減ったところで政権は揺るがない。

投稿: Inoue | 2005/10/17 18:33

 一つめの狂歌の初稿にあった、「おおまえつき」(←旧カナでは「おほまへつき」)という語は、あんまり一般的でない(私も知りませんでした。辞書で見つけました)ようなので、「大殿」に変更しました。18:49

投稿: 小田嶋 | 2005/10/17 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/6439774

この記事へのトラックバック一覧です: 九段の上:

» 小泉さん靖国参拝 [芸能&スポーツ瓦版]
17日の午前10時過ぎに首相の小泉さんが 靖国神社を私的に参拝したニュースをで見た 私的と言うても行く事それ事態を怒ってるのに 公的・私的とか関係ないよう気もするんだけどな 行く事をダメと俺は思ってないし良いとは思うけど 俺なら行ったら批判される事が....... [続きを読む]

受信: 2005/10/17 19:10

» 靖国に見るメディアの非対称性問題 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
靖国神社参拝問題というのは、政治・外交問題というよりもメディアが作り上げた問題だ。日本のメディアが発する情報量が中国や韓国には外交カードになる。取り分け情報が政府によって管理されている中国とは情報発信の非対称性という問題があり、日本のマスコミが報道すれば....... [続きを読む]

受信: 2005/10/20 08:38

» 靖国と「春の雪」 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
前回、映画「春の雪」の問題点を指摘したが、私自身、この映画そのものをダメなどと言う気はない。映像は美しいし、配役もバランスが取れていて、ほんのわずかしか登場しない役に岸田今日子、真野響子らを配するなど絢爛豪華でさえある。ただ、この映画には原作にあった毒が....... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 21:42

« 並び大名 | トップページ | 阿Q戦犯 »