« 流動四散 | トップページ | 順当 »

2005/06/20

ギリシア悲劇?

コンフェデ杯 日本 VS ギリシア

おい、ギリシアはどうしたんだ?
これがあのユーロ2004で優勝したあのギリシアなのか?
冗談抜きで弱かったぞ。慢心? 油断? それとも、あれはフロックだった、と?
いや。ヨーロッパ選手権はフロックで優勝できるような大会ではない。
やはり、何かがあったのだろう。
キリンカップで当たったペルーあたりよりさらに歯ごたえがなかった。
ディフェンスラインから精度の低いロングボールを放り込んでくるだけ。で、アタマで勝ってもシュートにつなげられない。
まあ、背丈の優位をいかそうという作戦だったのかもしれないが。
それにしてもあの運動量では。
きちんと走っていたのは、後半開始からの20分ほどだけだった。
結局、ピンチらしいピンチは無し。
FWがしっかりしてれば3-0ぐらいのゲームだったかもしれない。

 もしかして、ジーコジャパンになってから、はじめて4-4-2がマトモに機能したゲームと見て良いんだろうか。
 にわかには信じがたい。
 ギリシアが弱かったというふうにしか見ることができないオレは、目が曇っているんだろうか? 
 わからない。

良かった人

  • 中田ヒデ:やりたい放題。攻守に効いていた。この人のキープ力が中盤を安定させていた。
  • 中村俊輔:下がりすぎだったり消え気味だったり、ヨワかったりしたけど、でもやっぱり美しいパスを通していた。アシストのパスも見事。
  • 大黒さん:余計なドリブルをせず、いきなり撃つところが (゚∀゚)イイ!
  • 福西:敵の攻撃を的確にツブしていた。
  • 加地さん:もしかして化けた? 信じてイイの? まあシュートは枠行かないけどさ。

|

« 流動四散 | トップページ | 順当 »

コメント

はじめまして。いつもサッカーについての的確な感想を楽しみに読ませていただいています。

昨夜のギリシャ、確かに弱かったと思います。いつもはキーキー言って見ているのですが、昨夜は前半をちらと見て、こんなへぼいギリシャに負けるようでは、日本は顔を洗って出直しでしょうと思って寝ました。勝てて良かったです。でも、1点。。。

ヤナギが自信を取り戻してきたのは嬉しいですね。玉田、枠に蹴ってほしいです。足は速いけど、ディフェンスが強いと勝てないし。。。

家事手伝いから昇格(笑わせていただきました)した加地クン、上昇株ですね。サントスの気のないプレーが大嫌いなので(おっしゃるとおり、いいパスセンスを持っているし、蹴った球の質はいいけれど、概して大事なところで、スパイかと思うようなミスをしますね)、ロベカルみたいなサイドバックが育ってほしいと思います。今のサッカーは、サイドバックがポイントではないかと思うので。。。


投稿: とみきち | 2005/06/20 12:13

ギリシャのある意味衝撃的な木偶の坊ぶりはともかく、それでも我が代表、かなりよかったのではないでしょうか。私が見た中では、ジーコになってからのベスト・ゲームでした。
 
ど頭から飛ばす、飛ばす。ファール上等、前線からのガシガシ・プレスは久しぶりに気概が感じられました。
マスコミ情報鵜呑みできませんが、ちょいとした内紛もあったとか、なかったとか。戦う軍団は仲良しチームよりも、一触即発でぐらいのほういいのでしょう。
 
さておき。
何故ギリシャの方の苗字はみんな「ス」で終わるのでしょう?ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教示を。
 

投稿: かず | 2005/06/20 23:02

ギリシャに住んでいます。今年で10年になります。
さてあのギリシャのナショナル・チームは去年からずっとメンバーをかえることもなく、
あの顔ぶれで国際試合をこなしていました。ヘトヘトですね。
なんだか疲れていたと思いませんでしたか?
ほかにプレイヤーもいないのであの顔ぶれでしたね。
よその国なら1年たてばかわるのですが、あのまんまでした。
今年はギリシャの神々がまだオリンポスの山から下りて来ていなかったのだと思います。

投稿: lemonodasos | 2005/06/22 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/4629272

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシア悲劇?:

» コンフェデ杯 ギリシャvs日本 [べるちゃん aktuell]
こんな真夜中に生中継だと、目が冴えてしまっておちおち眠れないまま朝を迎えてしまい [続きを読む]

受信: 2005/06/20 03:49

» 肝臓大虐殺 [ôáâanome]
 連日のように代表のゲームが深夜にあるため、最近の僕は少々夜更かし気味である。そして夜が深まればその分、お酒も深くなってしまうのが世の常で、僕の体もいい加減悲鳴を上げ始めている。ユース代表が決勝トーナメント進出を決め、A代表もトーナメント進出をかけ戦っている。もちろん僕はユース・A代表ともに出来るだけ上に勝ち上がってもらいたい。揺ぎ無くそう願っている。のだが・・・、正直キツイ。お酒を頂かなければいい話なのだけど、深夜のサッカーとお酒には、なにやら素敵なシナジーがあるようなのだ。  さて、ドイツ... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 01:18

« 流動四散 | トップページ | 順当 »