« ギリシア悲劇? | トップページ | 拮抗 »

2005/06/22

順当

Wユース 日本VSモロッコ

 0-1で敗退。まあ順当な結果。つか、必然。自業自得因果応報身から出た錆自縄自縛。
 真夜中の4時過ぎに突然目覚めて、後半より観戦。
 ずっと押され気味。前半がどんなゲームだったのかは知らないが。
 例によって、中盤皆無。蹴飛ばすばかり。
 ロスタイム。兵藤の軽率な(っていうか、一刻も早くボールを他人に渡そうとする責任転嫁マインド横溢の)パス→スローイン→ゴール前→ゴール!
 兵藤は、失点のきっかけになったプレー以外にも、交代で出てからずっと逃げのパスに終始。どうしてマークされている味方にパスを出すんだろう。自分がボールを取られたくない一心で、ボールを放しているように見える。
 やっとのことでスタメンから外す決断ができたのに、どうしてまたわざわざ大事なところで根性無しの大学生を出すんだ?
 寝よ。くだらん。 

|

« ギリシア悲劇? | トップページ | 拮抗 »

コメント

一応10番なんですよね。
なんと左腕にはキャプテンマークが。
水本最後はキレてましたね。w
ベタ引きの最終ライン。
玉離れ(笑)の良すぎる中盤。
受け止めきれないCF。
スカパに地上波両方で見ていましたが
解説者がこうも不愉快な気持ちを吐露する
采配も珍しい。今回は99年組の再来とは
言わないまでも01、03組よりゃずっと
期待値は高かったのですが。

まさか大熊兵頭小田嶋・・・わせだわせだわせ(ry
冗談です。

投稿: slider | 2005/06/22 07:14

通りすがりですが、指摘

大熊監督は中大出身です、金田喜稔の後輩
http://www.asahi-net.or.jp/~yf8o-nbt/forest/football/FC_TOKYO/kiyoshi_ohkuma/kiyoshi_ohkuma.htm

投稿: 発汗 | 2005/06/22 13:39

確かにつまらない試合でしたね
結局後半途中で寝てしまいました。

数年前から「谷間の世代」なんてことが
オリンピック代表やU21以下で言われていましたが,実は「黄金世代」とか言われていた時代が唯一の嶺で、後はせいぜい丘か平地なのか・・・なんてことを思ってしまった

投稿: tmac | 2005/06/22 14:39

いやぁ前半はココ最近では最もヨイ動きで驚きだったんですよ〜
先日のギリシャ戦の日本の魂が乗り移ったかのような中盤での軽やかな動き。相手へのアタック&ボール奪取。水野、家長、梶山の組み合わせが、これほどまでに良いものだったのか、だから初めからソレでヤレっていってんだろーと誰もが思っていたわけなのですが。それからカレンも今までに見た事が無いような気迫と惜しいポストに当たってしまったミドルシュートと…、いやいや見所満載でした。
そして後半は仰る通りのいつもの展開だったわけです…。家長、水野と2人交代してしまっては運動量も落ちてる彼らに策はありません。
兵藤に責任はない。彼を使った大愚魔に責任あり。と思いたいですね。…平山も問題だけど。

投稿: kem | 2005/06/22 15:01

大熊は中大ですか。すいません。
兵頭にこだわる理由を懸命に考えたのですが
浮かばなかったので勝手に結論出してしまいました。
お詫びいたします。

都の西北早稲田の隣

投稿: slider | 2005/06/22 17:43

2chでも大熊=早稲田って誤認されてたから、それのまた聞き、ていうかまた書きでしょw

投稿: たま | 2005/06/22 18:31

6/22の昼以来、ココログの管理画面に入れません。
「問題が発生しました。
エラーが発生しました。直前に行った動作(入力やココログの操作)に原因があると思われます。ココログ管理画面トップへ戻ってください。」
 と、メッセージが出るのですが、トップページにも行けません。
 ほかのココログメンバーの方々はいかがでしょうか。

投稿: 小田嶋 | 2005/06/23 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/4657375

この記事へのトラックバック一覧です: 順当:

» ワールドユース モロッコVS日本 大熊システムに撃沈 [のぶたと南の島生活in福岡]
【前半戦】 GK:21 西川周作 DF:2 水本裕貴、4 小林祐三、5 増嶋竜也(cap)、16 柳楽智和 MF:7 梶山陽平、8 中村北斗、12 水野晃樹、17 家長昭博 FW:9 平山相太、11 カレン・ロバート で試合がスタート、カレンは噂通り右ハーフとFWの中間地点でプレーし、平山のワントップで試合に入りました。 まず、大熊が最後まで信じたのでしょう平山相太・・・カタール大会でも判っていたことですが、... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 10:50

« ギリシア悲劇? | トップページ | 拮抗 »