« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/29

タイトル案2

 前記事「タイトル案」に、コメント、メールを送ってくださった皆さん。ありがとうございます。お礼とお返事を兼ねまして、以下、現状説明をば。

※素面録:←これは、字面は良いんですが、読みに難があります。「書店営業がしにくい」というコメントがありましたが、確かにそうかも。
「シラフろく」は重箱読み(←逆でしょうか。逆は湯桶読みでしたっけ?)みたいでイヤだし、かといって「ソメンロク」では意味がわかりにくい。
「はあ? どういう字を書くんですか?」といちいち尋ね返されたりして、面倒くさそうです。
 やはり、ボツですね。

※in his own site
 というわけで、こいつが現在のところの一押しになるわけですが、これだけだとなんだか気取ってる感じがします。強い(あるいはダサい)サブタイトルが不可欠です。
 以下にサブタイトル案
「偏見自在のオダジマ式電脳日記ワールド」
「オタ日記」
「ワード・リフティングの極意」
「二十一世紀に甦る電脳方丈記」
「孤高のコラムニストによるネット徒然草」
「鬱苦式電脳独白録」
「電波男の逆襲」
「電波色々秋は薔薇」
「偏愛と偏食を語る」
「ネット巌窟王の独白」
「平成のパルプ文芸:個人日記ページの最高峰」
「ネット文学の金字塔」
「電脳捨て台詞の記念碑的達成」

 なにか、良い案がありましたら。

その他、思いつくまま。

※in-site looking out
 グランド・ファンク・レイルロードの「孤独の叫び」(inside looking out)のモジり。個人サイトから眺めた外界、という感じ。まあ、説明しないとわからないですか。

※my back pages
 これは、ボブ・ディラン先生の「my back pages」そのまんまです。わが来歴、という感じ。
"Ah, but I was so much older then,I'm younger than that now.
"(あの時のオレは今よりずっと年寄りで、今のオレはあの頃よりもずっと若い)という決め台詞がカッコ良かったです。
 多少いじるなら、my top pages でしょうか? 
 いや、いじるとニュアンスが台無しですかね。

※whole lotta log
 ネタ元はレッド・ツェッペリンのwhole lotta love(胸いっぱいの愛を)です。
 シンプルでいいかも。
 なにせ5万行ですから。
 副題は、五万行の叫び、といったあたりか。
 

※リホームページ
 ホームページのリフォーム。
 悪徳リフォーム業者を連想させて吉。

※updating
 更新中ということ。

※tracks of my years
 スモーキーロビンソン&ミラクルズのヒットナンバー、「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」(涙の跡)のモジり。
 年月の轍。
 カッコ良過ぎだな(笑)
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2005/06/28

タイトル案

編集子kさま
書籍タイトル案、以下に列挙します。ご検討ください。
宣伝も兼ねて(笑)blog上で公開します。

※素面録:Sober log
 素面(しらふ。酔っぱらっていないこと)の男、禁酒者による日録。読み方はソメンロクでもOK。あるいは「覚醒記」とか。

※イン・ヒズ・オウン・サイト:in his own site
 「ジョンレノン」の処女雑文集「in his own light」(←このタイトルそのものも"in his own write"「自分で書いたんだぜ」のモジりだそうです)へのオマージュ。意味合いは、「オダジマ自身のサイトの中身(site)」と、「個人的見解、独自の視点(sight)」のかけことば

※オフサイト:off site
 オフサイドと、「サイトからのこぼれもの」のダブルミーニング

※アウト・オブ・サイト:outa site
 米スラング "out of sight"(カッコいい、ブッ飛んでる)から。でも、古いかな。'70sのスラングらしいから

※パス&ゴー:pass and go
 サッカーの格言。「パスしたら、走れよ」から。ニュアンスとしては、「過ぎ行く日々」ぐらい。passed and gone 過ぎ去りし日々というテも。

※ア・デイ・イン・ザ・ファイル:a day in the file
 ファイルの中の一日。ビートルズの名曲「a day in the life」のモジり。意味合い的には、the days in the file の方が良さそうですが。

※壁パス日記:日記はテニスの壁打ち、や一人キャッチボール、ないしは、壁を相手のパス練習みたいなものだ、ぐらいな含意です。

※素晴らしきヒキーコ野郎:岩窟系ということで……

※青春の光トカゲ:tales of  lizardz トカゲの尻尾(tail)と話(tale)の語呂合わせ。日々の捨て台詞ということでしょうか。

※ロック・アラウンド・ザ・ブログ:a rock around the blog
 さざれ石の巌となりて ロックなり

※ぬるぽ日記
 いや、特に意図はありませんが

※エンド・オブ・ファイル
 テキストファイルにおけるピリオド。

※Spam
※戦後は続くよどこまでも
※パスワード

 思いつき次第、追加します。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005/06/23

拮抗

コンフェデ杯 日本 VS ブラジル

  信じられない。  善戦というよりも、堂々たる内容の白兵戦だった。  得点となった2点も見事だったが、それ以外にも、惜しいシーンがいっぱいあった。

  • 加地君の幻のゴール:ビデオで見ると微妙。っていうか、セーフ気味。
  • 柳沢のクロスバー直撃弾:惜しい。
  • 大黒→俊輔のスライディングシュート:ディフェンダーが鬼セーブ
  • ロスタイムの大黒ヘッド:どうしてゴールキック?
 これらのうちの一つでも点になっていれば……。    良かった人
  • 加地先生:いままでバカにしてごめんね。
  • 俊輔:クリアな勝負に来てくれる相手には強いんだよね。
  • 福西:体力で圧倒しているように見えました。南米系には通用するのかも。
  • 田中誠:ちょこまかしたドリブルにごまかされず、きっちり抑えていた。
  • 大黒:後半に登場して以来流れが一変。得点シーンの落ち着きも素晴らしい。
  • 柳沢:「FWは得点だけじゃない」という言葉を体現する活躍。見事。
  • ジーコさん:無能とか言ってごめんね。能ある禿鷹は爪を隠す、と。

※ココログの不調で、更新が遅れました。

| | コメント (15) | トラックバック (2)

2005/06/22

順当

Wユース 日本VSモロッコ

 0-1で敗退。まあ順当な結果。つか、必然。自業自得因果応報身から出た錆自縄自縛。
 真夜中の4時過ぎに突然目覚めて、後半より観戦。
 ずっと押され気味。前半がどんなゲームだったのかは知らないが。
 例によって、中盤皆無。蹴飛ばすばかり。
 ロスタイム。兵藤の軽率な(っていうか、一刻も早くボールを他人に渡そうとする責任転嫁マインド横溢の)パス→スローイン→ゴール前→ゴール!
 兵藤は、失点のきっかけになったプレー以外にも、交代で出てからずっと逃げのパスに終始。どうしてマークされている味方にパスを出すんだろう。自分がボールを取られたくない一心で、ボールを放しているように見える。
 やっとのことでスタメンから外す決断ができたのに、どうしてまたわざわざ大事なところで根性無しの大学生を出すんだ?
 寝よ。くだらん。 

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005/06/20

ギリシア悲劇?

コンフェデ杯 日本 VS ギリシア

おい、ギリシアはどうしたんだ?
これがあのユーロ2004で優勝したあのギリシアなのか?
冗談抜きで弱かったぞ。慢心? 油断? それとも、あれはフロックだった、と?
いや。ヨーロッパ選手権はフロックで優勝できるような大会ではない。
やはり、何かがあったのだろう。
キリンカップで当たったペルーあたりよりさらに歯ごたえがなかった。
ディフェンスラインから精度の低いロングボールを放り込んでくるだけ。で、アタマで勝ってもシュートにつなげられない。
まあ、背丈の優位をいかそうという作戦だったのかもしれないが。
それにしてもあの運動量では。
きちんと走っていたのは、後半開始からの20分ほどだけだった。
結局、ピンチらしいピンチは無し。
FWがしっかりしてれば3-0ぐらいのゲームだったかもしれない。

 もしかして、ジーコジャパンになってから、はじめて4-4-2がマトモに機能したゲームと見て良いんだろうか。
 にわかには信じがたい。
 ギリシアが弱かったというふうにしか見ることができないオレは、目が曇っているんだろうか? 
 わからない。

良かった人

  • 中田ヒデ:やりたい放題。攻守に効いていた。この人のキープ力が中盤を安定させていた。
  • 中村俊輔:下がりすぎだったり消え気味だったり、ヨワかったりしたけど、でもやっぱり美しいパスを通していた。アシストのパスも見事。
  • 大黒さん:余計なドリブルをせず、いきなり撃つところが (゚∀゚)イイ!
  • 福西:敵の攻撃を的確にツブしていた。
  • 加地さん:もしかして化けた? 信じてイイの? まあシュートは枠行かないけどさ。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005/06/17

流動四散

山吹の 色は花田家 実は成らじ

 貴乃花については、今週末(っていうか、日曜日?)発売の読売Weekly誌に原稿を書きました。
 それとは別にちょっと感想をば。

続きを読む "流動四散"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

格下

コンフェデ杯 日本 VS メキシコ

  • 前半12分:思わぬ形でファインゴール。一瞬の間で勝負するタイプである柳沢は、抜け出すタイミングさえ合えば、格上チームからも点を獲る可能性を持っている。素晴らしい。
  • その後、しばらく日本の時間帯が続くも、時折鋭い攻撃を浴びる。
  • 39分。メキシコ7番のミドルがゴール右上隅に決まる。1-1。シュートそのものは交通事故の類だが、この時間帯の失点は、必然。ほかにもヤバい場面がいくつもあったし。
  • 同点にされた後、露骨に押され気味のまま前半終了。
  • 後半開始から、メキシコ有利で推移。日本は体が重い。
  • 57分:俊輔out→稲本in。今日の俊輔はダメだった。腰が痛いのか。あるいは、ワントップの下は、ちょっとプレッシャーがキツ過ぎたのか。
  • 後半19分。フォンセカにヘッドを決められる。人数は足りていたのだが、クロスのタイミングとコースが完璧だった。
  • この後、ほぼノーチャンス。最後はボールを持たされた感じ。格下感横溢。まるで犬のようだ、と言ったのはヨーゼフ・Kだったか。

格下の 隠せぬ恥や バックパス
尻込みを 格下つもり 肝の玉

続きを読む "格下"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005/06/16

睡魔

U20 日本 VS ベナン

1-1。ドロー。グループリーグ突破はちょっと難しくなった。
 それにしても、どうしてこんなにロングボールが多いのか。
 よほど中盤に自信がないのか。
 戦術はヒラヤマ、のチキン戦法ということか?
 遠くから石を投げる中学生の喧嘩みたいな……

 兵藤君は、センスはありそうだけど、プレーが軽率。
 早稲田クオリティ、というのか、まあ、大学生はタマ際が弱いわけだ。
つまらんゲームだった。起きてて損した。
A代表のゲームは3時半だっけ?
 寝ようかな。(´;ω;`)ウゥ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005/06/11

虐殺の予感

ワールドユース 日本VSオランダ

 うーん。どうしようもない。技術、スピード、フィジカル、すべてにおいて圧倒されている。特にオランダの7番(左サイド)は、宇宙人。異次元のスピード。4人がかりでも楽々突破されている。すごい。
 現在、前半20分で、0-2。5点ぐらい行かれそうな感じ。ボールポゼッションがまるで違う。
 ユース世代はもう少し世界レベルに近いと思っていたんだが、こんなに差がついてしまっていたとは……

続きを読む "虐殺の予感"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005/06/09

緊急告知

お知らせです。 当サイト(および、前HPの「おだじまん」)が、本になります。

  • 発行元は朝日新聞社
  • 四六判300ページ程度のハードカバー (←訂正しました。06/09 12:49)
  • 内容は、日記ページのテキストが中心
  • 発行予定日は05年9月15日。

 ということですが、なにせ分量が多いので、実際に収録されるのは、10分の1程度になると思われます。 そこで皆さんにご相談なのですが、

  • どの文章(○年○月○日のテキスト。あるいは詩のページの○○という感じで、具体的に指定していただくとありがたいです)を掲載すべきか。
  • テキスト以外のコンテンツをどう扱うべきか。
  • タイトルは「偉愚庵亭日乗」のままで良いのか。
  • おまけ部分(書き下ろしや解説)についてのご要望。
  • 付録(CD?とか)、売り方、宣伝などについてのアイディア。

 などなどについて、メール、コメントなどをいただけるとさいわいです。
 ついでに、Blog上で意見を集める具体的な方法についても、良い知恵があったら教えてください。
 というわけで、宣伝でした。

 なお、上記単行本には2ちゃんねる管理人西村博之氏との特別対談「嗚呼、我らが故郷赤羽」(仮題)が、Asahiパソコンの別冊に掲載される予定です。乞うご期待。
 対談はこれからですが。

 よろしくお願いします。

| | コメント (29) | トラックバック (4)

骨肉

今朝のワイドショーを見ながらのスケッチです。

takanohaha

  • 肌の荒れ方。現役時代の吹き出物→黄疸→肝機能障害→肌表面の凹凸。
  • 現役時代のムーンフェイスからの急激な痩せ方
  • 性格の変化。
  • 生気のない表情。

やはりステロイドでしょうか?
骨肉の 骨身を分かつ スペアリブ、と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

万斛の涙

北朝鮮VS日本

 柳沢選手が点を獲ってくれました。
 感激です。

 でも、日本代表が勝つ度に、各地のサポーターのバカ騒ぎ(←噴水前のカメラは、あれは飛び込みを煽っているわけですよね?)を繰り返し放映するおきまりの編集は、ぜひ自粛してほしいです。
 ニュース・情報系番組によるバカサポ映像のヘビーローテーション再生を見ていると、アンチサッカー派による陰謀を邪推したくなります。
「サッカーファンって、バカだなあ」
「ナショナリズムって恥ずかしいなあ」
 といったあたりが狙いなんでしょうか。考えすぎでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005/06/02

骨折

小野、練習試合で右足骨折

うわあああ。
……残念。
ぐうううう。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

貴乃花

 痛ましい限りですね。
 いや、亡くなった先代じゃなくて、現役の親方の方が、ですが。
 しかるべき医者が診れば診断がつく人、という気がします。

続きを読む "貴乃花"

| | コメント (15) | トラックバック (3)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »