« スキー | トップページ | 新刊 »

2005/03/27

バーレーン

 長野からの帰路、練馬ICを降りて、環七を走行中、国道17号線から合流してきたバスにサッカー選手らしき外人が大量に乗っていることに気づく。
「おい。バーレーンの選手だぞ」
 と、咄嗟にピンと来る。そう。彼らは、西が丘サッカー場で練習をするに違いないのだ。
 で、先回りして、西が丘サッカー場の正門前に停車して、バスを待つ。
 約30秒後、バス(と黒塗りが3台ぐらい)が到着。黒塗りのハイヤーには、BAHRAINの文字が見える。間違いない。バスに手を振る。何人かの選手が笑顔で手を振ってくれる。うーん。良い奴らじゃないか。バーレーンを応援しようかなあ、と一瞬、そういう気持ちになる。 

0327

※バスから降りて西が丘サッカー場に入るバーレーンの代表選手たち。黒っぽい集団は報道陣。
おっかけは5人。いずれも女子。

|

« スキー | トップページ | 新刊 »

コメント

先のイラン戦で柳沢選手が交代で出てきた時に隣の部屋から聞こえてきた声、「え゛ーっ!?」とハモってしまいました。
  
さすがにバーレーンを応援とまではいきませんが。
 
ねっとりした、すごーく嫌な予感が。
杞憂でありますように。
 
小田嶋閣下のジーコ観を是非、またいつか。

投稿: かず | 2005/03/28 00:05

真に批評的な態度について小田島さんに質問です。
当方は26歳塾講師なのですが、主に中学生を相手にしているので、いきおい話題の中心はテレビ番組となります。
最近では「ごくせん」というドラマがよく話題になっているのですが、私はテレビを(Jリーグくらいしか)見ない人間のためよくわかりません。
そこでのパターン①「えぇー、ヤバイじゃん」→②「まじめだけが取り柄じゃないよ」→③「じゃあいったい何が好きなの」(コレには死んでも答えたくない「おだじまん」なんて言ってもわかってもらえないから)→④お茶を濁すべく「オレももうおっさんかなー」なんて心にもないが誰にもつっこみやすい逃げ口上を吐く→⑤「もうトシ,トシ」という生徒および同僚からの合唱 という具合です。
 「そんなガキくさいもん見ないよ」という矜持と、田舎の若年層に特に受けの良いところのヤンキーイデオロギーが充ち満ちた番組が嫌いなのとがあって今まで見ませんでした。
 が、そのスカした態度は、敬愛する筑紫様のあの多事争論でのお姿と同じようなものなのではないかと悩み、相談する次第です。
見るべきか、見ざるべきか、もしくは見るとすればどのような態度で見るべきか。
 こういったときの対処はどのようにするのが良いでしょうか?
 よろしくお願いいたします。
転職しても同じですよね?「ごくせん」が「パチンコ」とか「風俗」に変わるだけですもんね・・・・・。

投稿: オトメマチック | 2005/03/29 22:48

>>オトメマチックさん。

 中学生がバカなテレビ番組を見ることは、おそらく成長にとって不可欠な一段階なのでありまして、逆にいえば、中坊の分際で古典落語やモダンジャズみたいな渋めの趣味を持っているようでは将来が心配です。
 26歳の塾講師である者が、周囲の人々に偏屈な趣味(←おだじまんなどなど)をクサされるのも、これまた当然というのか、仕方のない成り行きだと思います。
 偏屈であってなおかつ社会に歓迎されようというのは、贅沢というものです。
 というわけで、ここは一番、偏屈者らしく、周囲から静かに孤立しておくのが吉です。
 ちなみに申せば「ごくせん」は、たしかに他愛の無いファンタジーですが、それはそれで面白い番組です。金八なんかと比べたら数百倍良心的です。まあ、いい年をした人間がマジで見るものではないのでしょうが、中学生が「ごくせん」を見て喜ぶことは、決して責められるべきことではないと思います。
 以上、返事になってないかもしれませんが。

投稿: 小田嶋 | 2005/03/30 16:29

ありがとうございました。

細かいことを気にかけているのがばかばかしくなりました。
おもえば、ちょっとくらいバカなほうが生徒としてかわいいものであります。
こんなことを考えること自体が、偏屈者なのかもしれませんね。

小田嶋さんがするように「テレビを批評する」ことと、「テレビを見ている人々を批判する」ということはまったく別の次元だと改めて思い知りました。

人前では努めてノーマルであろうと思います。

投稿: オトメマチック | 2005/03/30 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/3463102

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーン:

« スキー | トップページ | 新刊 »