« ティーポット | トップページ | 当選商法 »

2005/03/13

Jリーグ第二節

 ジュビロ磐田VS名古屋グランパス

 NHKBS-1にてテレビ観戦。
 川勝さんの解説って、わかりにくいな。


  • 磐田は深刻。中盤が死んでいる。
  • 名古屋杉本は面白い。直線的なスピードが速い。
  • 名古屋のルーキー本田も巧い。でもちょっと運動量が少ないかも。まあ、仕方ないか。まだ今月いっぱいは高校生なわけだし。
  • 本田、角田、中村、古賀……と、名古屋にはイキの良い若手が多い。楽しみなチームだな。
  • 対して磐田は、大型補強が生きていない。チームがバラバラ。山本さんって、無能なんだろうか?

 ついでに、昨日の浦和戦についても少々。せっかくメモを書いたので。
川崎フロンターレVS浦和レッズ

 フロンターレは、強いです。当たった感じでは、前節の鹿島よりはるかにヤバい。特に攻撃陣がいずれも速くて巧い。特にジュニーニョのスピードは脅威。あの坪井がぶっちぎられるなんて……

  • 一点目。ジュニーニョにやられる。0-1
  • 酒井の奇跡的ファインゴールで、同点。巧い。こんなことができる選手だったとは。
  • 後半開始早々。我那覇に決められる。PA内でワントラップの後、きれいに反転してシュート。うん。どうしようもないな。
  • 後半19分:アウグストのFK。鹿島はどうしてこんな良い選手を出したんだろう。
  • 後半30分過ぎ。岡野のゴール。2-3。素晴らしい。素晴らしすぎる。ドリブルのコース。ワンツーのタイミング。シュートのコース。すべてが完璧。ドイツオランダから戻って以来、岡野は明らかに成長している。信じられない。
  • 後半ロスタイム。アレックスのシュート気味のクロスを闘莉王が押し込む。おおおお。なんということだ。
 というわけで、二点差の負けゲームを追いついて引き分け。いや、素晴らしい。一時はどうなるかと。

 今日。ジュビロが負けた結果。開幕から二節を終わって、連勝チームがひとつもないという珍しい結果に。
 ということは、首位チームと浦和の勝ち点差はたったの3。まだまだこれからだ。うん。

|

« ティーポット | トップページ | 当選商法 »

コメント

岡野がドイツから戻ってきたと言うのは
・神戸の間違い
・昔のアヤックス移籍寸前(オランダ)の間違い
のどちらでしょうか…?。
ちなみにドイツへ行っていたのは永井ですね。

投稿: オオカワ | 2005/03/14 00:36

おおお。そうでした。
岡野が行っていたのはオランダでしたね。
永井の洋行とごっちゃになっていました。
訂正しておきます。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: 小田嶋 | 2005/03/14 07:05

From Mac, Nihongo muri mitai desune(:
Trackback, Shitsurei shimashita!

投稿: tinycar | 2005/03/15 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/3282488

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第二節:

» ジュビロ山本 [THE小市民ROCK]
先週も書いたけど、やっぱり内容が良かった横浜は勝って、磐田はボロ負け。 NHK-BSの中継によれば中山がウォームアップ中に調子を崩して、急遽カレン・ロバー... [続きを読む]

受信: 2005/03/15 00:08

» 失業保険を糧に夢を叶えた映画監督 [ちょっとひといきスタッフルーム:転職するなら【人材バンクネット】]
失業保険の存在が1人の映画の鬼才を助けた!?今や「エレファント・マン」「ツイン・ピークス」で日本でもお馴染みとなった監督デイヴィッド・リンチ。しかし長編1作目を... [続きを読む]

受信: 2005/03/16 14:41

« ティーポット | トップページ | 当選商法 »