« SP2の陰謀 | トップページ | ※コメントについて »

2004/11/10

サッカーマガジン1000号

 ジーコと岡田さん(Fマリノス監督)の対談が良かった。
 ジーコがここまで率直に自分の言葉でサッカーを語ったのははじめてなんではなかろうか。
 これまで、ジーコのインタビューというと、言っていることはもっともでも、表現の仕方が月並み過ぎるというのか、面白味に欠けるものが多かった。が、今回のお話は非常に具体的で生き生きしている。
 岡田さんという人は、そこいらへんのジャーナリストよりずっと有能なインタビュアーなのかもしれない。
 というよりも、たぶん、ジーコみたいな人は、ジャーナリストやライター相手だと木で鼻をくくったような決まり文句しか言わないのだ。
 それが、同じサッカー人(監督仲間として認めた人間)に対しては、心を開いて胸のうちにある宝物を見せてくれる、と。
 
 トルシエが神戸の監督になるという噂が出ている。
 ぜひ、実現してほしい。
 そう、必要なのは嵐だ。
 野球界の現状を見ればわかる通り、腐敗はむしろ、小春日和の穏やかな空気の中で進行する。
 とすれば、順調に見える今この時にこそ、混乱が準備されねばならない。
 フィリップよ。
 また、ちゃぶ台をひっくり返しに来てくれるんだよな?
 フレンチ星一徹ってやつだ。
 日産のゴーンさんもいなくなるらしい。ぜひ後釜をたのむ。
 そして、たくさん問題を起こして、思うさまに暴言を吐き散らして、日本のサッカー界をひっかきまわしてくれ。
 川淵さんを怒らせ、記者諸君をエキサイトさせて、議論沸騰の百家争鳴のシュトルム・ウント・ドランクのミックストアップコンフュージョンを捲き起こして、ついでに、ジーコにも、ぜひ君のあの素敵なフランス風の皮肉をぶつけてやってくれ。
 なーに、ジーコだってまるっきりの素人じゃない。
 彼もまた君と同じく、冷静さを失った時に真価を発揮するタイプの真のサッカー人だ。
 たのんだぞ。

|

« SP2の陰謀 | トップページ | ※コメントについて »

コメント

楽天の人たちは、今度はトルシエに声をかけてるんですか。
とりあえず、一番有名なヤツに声かけとけというところでしょうか。
去年の今頃は、監督がベンゲルで、カズとイルハンのツートップという豪華なラインナップでJリーグを席巻とか言ってましたなあ。

ちなみに、マスコミ報道とはまったく異なり、仙台は盛り上がっていません。
ぜひ、そのシンプルにしてバブルな発想で、仙台のプロ野球球団にも豪華メンバーをそろえていただきたいものです。

投稿: よみひとしらず | 2004/11/10 20:29

トルシエの不在。日常的に彼に言動に振り回されていたい。ぬるま湯のような自慰故のサッカーに慣らされてる場合ではない。なにしろ自慰故の目に我々(少なくとも俺のような)ファンの存在は映っていない。god only knows?
しかし神戸の全権監督が彼にふさわしい場であろうか?つくづくかっての、代表監督時の蜜月は彼と日本にとって絶妙のタイミングであったと思う。せめて磐田の監督だったら。。。
 つーかもしかして来年は博多の森で彼と対戦?(ワクワク
 

投稿: 猫柳 | 2004/11/11 22:15

トルシエの神戸監督就任が決まったみたいですね。

日本社会の閉鎖的なもたれ合いが好きではないところは小田嶋閣下と同意見ですが、私はトルシエが好きではありません。
日本企業のあのうんざりする体質が嫌で外資に勤めた経験から、日本に赴任して植民地の総督みたいに振る舞ったり、あるいはあからさまにここは通過点として、むちゃな成果を上げようとする(不都合はすべて他人の責任にする)ガイジンをさんざん見たためかと。

どうしても、トルシエはそういうガイジンに見えてしまう。
日本のサッカー協会にうんざりしたり腹を立てることは多々ありますが、協会を敵視して「敵の敵は友」としてトルシエを好意的にみることができないのです。


さらに、もう一つ。
W杯開幕の10日ほど前に、トルシエが広尾の骨董屋で日本土産を買いあさっているのを見たのも、好きになれない原因です。
骨董箪笥や仏像や欄間なんかをごっそり買って、車では運べないので配達の手配をしてましたよ。
はあ?あんたは日本サッカーの浮沈をかけたW杯開幕直前に、もう、終わった後の土産の手配か?

まあ、出世の足がかりに植民地に赴任してるヤツなら、こう考えるわな、と思っちゃったわけです。

投稿: よみひとしらず | 2004/11/25 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52951/1918919

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーマガジン1000号:

» 腐敗はむしろ、小春日和の穏やかな空気の中で進行する。 [texte]
偉愚庵亭憮録: サッカーマガジン1000号 [続きを読む]

受信: 2004/11/11 02:57

« SP2の陰謀 | トップページ | ※コメントについて »